遺品整理業者にかかる金額は?費用相場と安くする2つのコツを紹介

遺品整理にいくら必要なのだろうか…。

葬儀代など、なにかとお金がかかる故人の死後ですが、遺品整理にはいくら用意しておけばいいか分からないですよね。もともと遺品整理は親族で行われるものでしたが、近年では少子高齢化や核家族の影響により、遺品整理業者が行うことが多くなってきました。業者に依頼する場合にかかる費用や、業者を選ぶ際の注意点などを見てみましょう。

今回は、以下の内容でお送りします。

  • 遺品整理の費用相場
  • 遺品整理業者を安く利用するコツ
  • 遺品整理業者を利用するメリット
  • 遺品の買取なら【とらのこ】
  • 悪徳業者の特徴

この記事を読めば、遺品整理にかかる費用を知ることができます。最後までご覧ください。

〈関連記事〉家族や業者が遺品整理中に窃盗?!大切な遺品を守るための対策方法

1. 遺品整理にかかる金額は?相場を大公開

遺品整理業者を利用して遺品整理を行った場合にいくらかかるのか調べてみました。間取りや遺品の量、作業時間によっても異なるため一概には言えません。間取りごとの価格を参考にして大体の相場の目安にしましょう。

間取り 費用相場
1R 30,000~円
1DK 40,000~100,000円
2DK 80,000~150,000円
2LDK 120,000~200,000円
3DK 190,000~220,000円
3LDK 220,000~250,000円
4DK 280,000~300,000円
4LDK 300,000~円

基本的に作業する部屋の広さ部屋数に比例して料金が高くなります。部屋が広くなればなるほど、作業時間が増えて人員も多く必要になるため、料金は高額になります。

2. 遺品整理業者の利用料金を安くする2つのコツ

thinking

遺品整理業者を利用するとなれば、それなりの費用がかかります。少しでも安く遺品整理を行うコツがいくつかあるのです。時間に余裕のある方は、ぜひこれから紹介する2つのコツを参考にしてみてください。

  • 事前に整理する
  • 売却できそうなものは買取に出す

2-1. 事前に整理する

遺品買取業者を利用した場合、遺品整理に特化したプロが整理をしてくれるため、そのサービスに対して払う金額が必要です。しかし、業者を利用せずに自らの手で遺品整理を行うことはもちろん可能になります。時間体力がある方は、ぜひ事前に整理しておきましょう。整理が全て終わっていない状態で整理業者を利用しても、作業時間数が減る可能性があるため、費用を抑えることができます。

2-2. 売却できそうなものは買取に出す

遺品整理ってとても時間がかかりますよね。大切な書類や貴重品だけを保管し、それ以外はいっそのこと全て捨ててしまいたい。と言いたいところですが、全て廃棄してしまう前に売って再利用できそうなものを分別しましょう。そして遺品の買取を行っている業者に訪問依頼をすれば、手軽に売却することが可能になります。多くの買取業者は、「出張」「査定」「キャンセル」などの費用が一切かからず、無料で利用できます。即日対応ができる業者もあるため、時間がない方にもおすすめです。

3. 遺品整理業者を利用する6つのメリット

費用がかかる遺品整理業者ですが、利用するメリットはたくさんあります。メリットを考え、費用が見合っていれば業者の利用は間違いなくおすすめです。それでは、業者のメリットを6つ見ていきましょう。

  • 時間の節約
  • 遺品に関する知識がある
  • 体と心の負担を削減
  • 遺品の捜索
  • 遺品の供養
  • 遺品の買取

〈関連記事〉遺品整理業者は慎重に選ぼう!実際にあった5つの詐欺被害例から学ぶ

3-1. 時間の節約

4つのタイミング

「タイム・イズ・マネー(時間はお金)」というように料金を払うことによって、時間をセーブすることができます。遺品整理は、葬式や四十九日の忙しいなかで行われることが多いです。時間に余裕がほとんどないため、業者を利用する人がいます。また、故人の家が賃貸物件であった場合は、早めに遺品整理を済ませて退去手続きを行う必要があります。

3-2. 遺品に関する知識がある

依頼する業者によっては、専門的な分野についての相談にも乗ってもらうことができます。たとえば、デジタル遺品整理・相続手続きの流れ・空き家対策などが挙げられます。失敗のない遺品整理のために、業者を利用するといいでしょう。

3-3. 体と心の負担を削減

遺品整理を行うには、それなりの体力精神力が必要になってきます。一軒家丸ごとや、部屋数の多いマンションになると、プロの手でも3日ほどかかるでしょう。また、大型の家電や家具などを搬出する作業などがメインとなるので重労働となります。不用品を捨てるにあたり、自治体のゴミ処理施設などに持ち込む作業があります。不用品を運ぶトラックなどの準備も必要ですし、ゴミの分別や荷物の積み降ろしも自分たちでやらなければなりません。

また、遺品というものは故人が大切に使っていたものです。なかには故人との思い出がよみがえる品もでてくるでしょう。気持ち的にも時間的にも負担が大きくなります。業者を利用することによって、体と心をいたわることができるのです。

3-4. 遺品の捜索

買取

故人の遺品のなかには、相続する必要があるものも。しかし、必要な書類貴重品を見つけ出すことができない場合もあります。探してもどこにあるか分からないときに、業者を利用すると遺品の捜索を行ってもらえます。本やタンスの中を全て確認するのは大変な作業です。業者なら大切なものを見逃すことなくすみずみまで確認してくれます。

3-5. 遺品の供養

供養

業者には、仏壇・ご位牌・神棚・人形などの遺品を供養するサービスがあります。遺品供養とは、お寺や神社で僧侶や神主にお経や祝詞を唱えてもらい、遺品に宿っている魂を抜いてから処分してもらうことです。 感謝を込めて遺品を供養することで、故人をしのびます。

3-6. 遺品の買取

確定申告

業者のなかには、回収した遺品を売買できる「古物商許可」をもっているところもあります。骨董品美術品など、価値がつく貴重な品を捨ててしまうことなく、買取することによって費用をキャッシュバックすることができるでしょう。業者が整理から処分、買取りまでを一貫で行ってくれると、貴重品を捨てることがなくなります。そのほか、状態のよい家電や家具、書籍なども買取りの対象です。家電や家具などは捨てるだけでも、リサイクル料金粗大ゴミ手数料などが必要になります。処分費用がかからず買取りでお得に遺品整理ができるでしょう。

4. 遺品の買取なら【とらのこ】

とらのこ

自分たちで遺品整理を行った場合、リサイクルできるものを捨てるのはもったいないと思いがちですよね。不用品を廃棄する前におすすめしたいのが、出張買取の利用です。遺品整理後に買取業者が訪問し、価値のつく遺品を買い取ってくれます。

弊社とらのこは、そんな出張買取に力を入れている買取業者です。

訪問」「査定」「キャンセル」など全てを無料で対応しており、お客様の負担は一切ありません。

不用な家具、家電、スポーツ用品など取扱いジャンルは豊富で、1点からの買取も承っております。お気軽にご相談ください。

5. 気を付けて!悪徳業者の4つの特徴

怒る 女性

業務を行うにあたって許可などを得ていない遺品整理業者は違法業者と見なされます。このような違法業者は、高額の請求を求めたり、遺品を盗んだりと直接被害に合う可能性があるため、絶対に選ばないことが重要です。遺品業者を選ぶ際に注意してみてほしい特徴は、全部で4つあります。ぜひ参考にしてみて下さい。

  • ホームページ等に情報がない
  • 料金が安い
  • 訪問なしで見積もりを出す
  • 必要な許可がない

5-1. ホームページ等に情報がない

インターネットで業者を検索することも多いでしょう。その時、業者の情報がサイトになかったり、あまり詳しく載っていなかったりすることもあるかもしれません。多くの実績・事例を持っている業者さんはだいたい公式のホームページを持っていて、スタッフ紹介や事例紹介など、適切な情報をわかりやすく載せてくれています。依頼したいと思う業者があったら、検索してみてホームページなどを確認してみるといいでしょう。

5-2. 料金が安い

遺品整理業者を比較するうえで一番よく見る基準は、費用・料金になるでしょう。複数比較して、1番安い業者にお願いしたいと思うのは、当たり前のことですよね。

しかし、他の業者に比べて著しく安い場合、なにか裏があるかもしれないと疑うべきです。見積もりのときに安い価格を提示し、後に理由をつけて多額の追加請求をするといった事例が多くあります。

5-3. 訪問なしで見積もりを出す

遺品整理を業者にお願いするうえで確実にやらなければならないのは、現場に訪問してもらっての見積もりです。物量やその種類、部屋の大きさなど様々な要因で料金は上下します。そのため、現場での見積もりはとても大事なのです。しかし、その見積もりを実施せず、電話やメールで簡単に状況を確認しただけで見積もりを出してくれる業者もなかにはいます。

一見、時間や手間が省けていいと思うかもしれませんが、現場を確認しないで出た見積もりは当てになりません。追加での高額請求をされる可能性があるので、注意が必要です。

5-4. 必要な許可がない

遺品整理は様々な作業が伴いますが、自治体や国による許可が必要な場合があります。例えば、遺品の買取には「古物商許可」が必要です。また、不用品の運搬処理には「一般廃棄物収集運搬業許可」が必要です。資格のない業者に遺品を渡してしまうと、悪用されてしまったり乱雑に扱われてしまったりする可能性が高いといえます。必ず許可を得ているかどうかかならず確認するようにしましょう。

〈関連記事〉遺品整理時に気になるスピリチュアルな意味は?お焚き上げの必要性も

まとめ

いかがでしたか。遺品整理にかかる金額や費用をできるだけ安くする方法をご紹介しました。費用を抑えて遺品整理を行いたいからといって、確認せずに業者を選択するとトラブルに巻き込まれる可能性もあります。正しく業者を選ぶことが重要です。

遺品の買取なら、とらのこ

とらのこでは、遺品を高価買取いたしております。