【貴金属買取営業職】求人募集中の3つの会社を徹底比較調査

貴金属買取の営業職に興味があるな・・

近年、貴金属買取をしている業者が増えてきています。

ブランド品や貴金属を扱う、とても魅力的な職種の1つです。

貴金属の買取営業職を募集している、3つの会社を紹介します。

3つの会社の評価などを比較しつつ、解説していきましょう。

貴金属買取の営業職の詳しい仕事内容が気になりませんか。

営業職の主な3つの仕事内容や、1日のルーティンを解説していきます。

この記事を読めばきっと、貴金属買取の営業職の仕事の魅力に気づくでしょう。

1:【要確認】貴金属買取営業の求人を募集している業者3選

買取営業の求人募集をしている会社はたくさんあります。

今回はその中でも、3つの会社をピックアップして紹介していきましょう。

会社毎に事業内容や、口コミなどを中心に考察していきます。

  • ブランド買取とらのこ
  • 買取本舗七福神
  • 大黒屋

1社ずつ比較して、買取の営業職について知りましょう。

1-1:ブランド買取とらのこ

営業 とらのこブランド買取とらのこは、東京都の中目黒に本社を構える買取業者です。

最近では、西東京・千葉県・熊本県に支店ができました。

株式会社バズったーが、運営元です。

インターネット関連事業(SEO対策など)を行っています。

ブランド買取とらのこは、ブランド品や貴金属をはじめ買取品目のジャンルが多いです。

家具や家電、大きいものだと車まで買取を行っています。

買取する品物本来の価値を見極めて、利用者が満足いただけるような買取額を提示するのです。

女性の査定士も多く活躍する職場で、口コミには女性が来てくれて安心したと評価されています。

出張買取」は利用者の自宅まで訪問し、買取を行う業務です。

そのため、女性の査定士は、女性の利用者から需要があります。

1-2:買取本舗七福神

営業 七福神買取本舗七福神は、東京都の銀座に本店があります。

東京をはじめ、神奈川県、埼玉県、千葉県、北海道に店舗がある買取業者です。

買取本舗七福神は、ブランド品と貴金属をメインに買取を行っています。

ハイブランドや宝石が好きな方には、ピッタリです。

利用者からも、買取額と査定の速さに満足したとの口コミがあります。

1-3:大黒屋

営業 大黒屋大黒屋は、東京都の丸の内に本社があります。

全国に240店舗以上ある買取業者です。

大黒屋は、買取業務だけでなく販売業務も行っています。

そのため、買取した品物を同店舗もしくは別店舗で販売するのです。

そのため、買取の査定業務はもちろんですが販売の業務もあります。

店舗数が多いため、利用者の口コミは両極端です。

店舗によっては、買取額に不満がある声もあります。

一方で「スタッフが気さくで時間もかからず買取額にも満足した」という評価もあるのです。

2:貴金属買取【営業】主な3つの仕事内容

営業 仕事内容貴金属買取の営業職ってどんな仕事内容なの?

営業職の仕事内容が、いったいどのようなものか気になりますよね。

弊社ブランド買取とらのこの、営業職の仕事内容を基に解説していきます。

  • 品物の査定
  • お客様の自宅訪問
  • 事務業務

仕事内容を1つずつ詳しく説明していきましょう。

2-1:品物の査定

仕事内容 査定まずなんといっても、品物の査定は外せません。

お客様から依頼していていただいた、品物を査定します。

査定を今までしたことないけど、大丈夫かな・・?

と疑問に思うでしょう。しかし、大丈夫です。

査定の仕方は、先輩が優しく教えてくれます。

その上、研修を受けるので初心者の方でも大歓迎です。

なかなか日常生活では目にかかれないようなアンティークや、様々な宝物を見ることができます。

ジャンルの幅広い品物の知識がつくので、やりがいのある仕事です。

2-2:お客様の自宅訪問

仕事内容 訪問アポイントを取ったお客様のもとへ、訪問します。

アポイントを取る仕事は、営業職の仕事ではありません

お客様と会話を重ね、買取する品物を査定します。

1件のお客様との会話する時間は、数分~1時間ほどです。

1日の訪問件数は、4~5件を目安に訪問します。

2-3:事務業務

仕事内容 事務訪問・買取業務が終わり次第、オフィスに戻り事務作業をします。

当日の買取結果など、事務作業を行うのです。

買取した品物は、オークションにかけます。

オークションで売れた金額の粗利に応じて、インセンティブが支給されるのです。

そのため、入社1ヵ月で月給が50万円を超えることもありますよ。

3:貴金属買取営業の1日の仕事の流れ

買取営業職の1日のルーティンってどういう感じなの?

営業職の1日の流れが気になりますよね。

出社から退社までの、だいたいの1日の流れを確認しておきましょう。

営業職の1日の流れ

10時           : 出社

11時~14時  : お客様宅訪問(買取査定)

14時~15時  : お昼休憩

15時~18時  : お客様宅訪問 (買取査定)

18時~20時  : 本社で事務作業・退社

実働は8時間なので、こまめに休憩をはさむことができます。

1ヵ月の残業時間は、平均で20時間以下です。

プライベートも充実できる、業務内容となります。

4:本当はきつくない貴金属買取の営業職

買取の営業職ってきついってきくけど、どうなの?

買取の営業職は、きついと評価もネット上にはあります。

会社によっては、ノルマを達成させるために休みがなくなる場合もあるのです。

最悪なケースとしては、ノルマが達成しないと罰金という制度をとっている会社もあります。

買取の営業職がきついかどうかは、会社の方針で分かれるでしょう。

弊社、ブランド買取とらのこは買取営業職をきちんと評価しています。

リユース事業は、現在順調に成長中です。

買取の営業職の方には、高いインセンティブが支給されます。

インセンティブを目標に、営業職の方は日々活躍していますよ。

まとめ

買取の営業職の仕事内容をお伝えしました。

きついと噂もある営業の世界ですが、正しい会社を選べば問題ありません。

弊社ブランド買取とらのこでは、現在買取営業の求人募集をしています。

買取をしたことのない、初心者の方も先輩が優しく指導するので大丈夫です。

お客様に寄り添った対応ができる方が、向いている仕事内容となります。

少しでも気になっているのであれば、詳しいお話を聞いてみませんか。

貴金属の買取なら、とらのこ

とらのこでは、貴金属を高価買取いたしております。