金の買取に必要なものは身分証明書!「とらのこ」では金を高価買取中

金の買取に必要なものって何?

金の買取には、身分証明書が必要です。

必要なものを用意して、スムーズに買取を行いましょう。

金を買取してもらう際に、出張買取は手軽に利用できます。

買取日当日の4つの流れを確認しておきましょう。

後半では、金を1円でも高く売るコツと、金を売る際の注意点を解説します。

出張買取を依頼する場合、ブランド買取とらのこがおすすめの買取業者です。

1:【3パターン】金の買取に必要なものを解説

金 買取 身分証

ズバリ、金の買取に必要なものは、身分証明書です。

身分証明書の提示は、「古物営業法」により定められています。

個人で金を売却する際には、身分証明書の提示のみでOKです。

個人以外の法人で金を売る場合や、金の買取額が200万円以上だった際のパターンも確認しておきましょう。

  • 個人の場合
  • 法人の場合
  • 買取金額が200万円以上の場合

金の買取金額が200万円以上の場合、個人でも身分証明書の他に書類が必要になります。

買取がスムーズに行えるように確認しておきましょう。

参考:相手方の確認義務|警視庁

1-1:個人の場合

個人で金を買取してもらう際に、必要なものは身分証明書です。

顔写真付きの身分証明書であれば、1つ提示するだけで構いません。

身分証明書とは、以下のようなものになります。

身分証明書 ※以下の書類から1点

運転免許証

運転経歴証明書

パスポート

乗員手帳

住民基本台帳カード

特別永住者証明書

マイナンバーカード

金を買取してもらう際には、上記で記載している身分証明書を忘れないようにしましょう。

1-2:法人の場合

法人で金を買取してもらう際には、個人で買取を行う際とは別に書類が必要です。

  • 身分証明書
  • 登記簿謄本(履歴事項全部証明書/現在事項全部証明書)
  • 印鑑登録証明書

以上、3点の書類が必要になります。

登記簿謄本や印鑑証明書は、6ヶ月以内に発行されたものしか認められないので注意しましょう。

1-3:買取金額が200万円以上の場合

買取金額が200万円以上となる場合は、注意が必要です。

買取業者は、買取金額が200万円以上の場合「古物営業法」だけでなく「犯罪により収益の移転防止に関する法律」という2つの法律に従う必要があります。

「犯罪により収益の移転防止を関する法律」に基づき、現在買取業者は、本人確認を強化中です。

買取業者は、買取金額が200万円を超えた場合、身分証明書の提示だけでなく、マイナンバー確認書類等の提示を求めます。

買取金額が200万円を超える可能性がある場合は、事前に買取業者に必要書類を確認しましょう。

金を買取する際、出張買取は大変便利です。出張買取を利用して金を買取しましょう。

参考:犯罪収益移転防止法リーフレット:警視庁 

2:おすすめは出張買取!金を売却する3つの方法

金の買取方法のおすすめはある?

金の買取は、出張買取が大変便利でおすすめです。

出張買取は、自宅まで買取業者が訪問し、買取業務を行ってくれます。

以下の他の2つの買取方法に比べて、簡単便利です。

  • 出張買取
  • 店舗買取
  • 宅配買取

3つの買取方法を比較しつつ、なぜ出張買取がおすすめか解説します。

2-1:出張買取

出張買取

出張買取は、自宅まで買取業者が無料で訪問してくれるため、手間がかかりません。

事前にメールやLINE・電話などで、無料相談も可能です。

買取金額に満足がいかなかった場合も、キャンセル料は無料です。

店舗買取だと、店にわざわざ自分で足を運ぶ必要があります。

宅配買取だと、高価な金を郵送するのは少し不安ですよね。

一方で出張買取は、安全で気軽に利用することできます。

2-2:店舗買取

店舗買取

2つ目の買取方法は、店舗買取です。

店舗買取は、対面で査定結果を聞くことができます。

経験豊富な査定士による、徹底した査定です。

その上、店舗買取の最大のメリットとして、その場で直ぐに現金化できます。

現金が直ぐに必要な場合には便利です。

しかし、店舗までご自身で足を運ぶ必要があるため、近くに店舗が無いと手間がかかります。

事前査定などができないため、他店舗との値段比較も出来ません。

出張買取と比べると、手間がかかり不便です。

2-3:宅配買取

宅配買取

3つ目の買取方法は、宅配方法です。

買取業者に、金を郵送して査定してもらいます。

コロナ渦で、対面をせずに査定から支払いまでしてもらえるので安心です。

しかし高価な金を郵送するのは、少し不安ですよね。

万が一、郵便物が紛失した場合など、リスクが高いです。

その上、梱包から発送にいたるまで、手間がかかります。

以上、3つの買取方法をご紹介しましたが、おすすめは出張買取です。

実際に出張買取を依頼した際の、当日の流れを確認しておきましょう。

3:要確認!金買取の当日の4つの流れ

金 査定

出張買取を利用してみたい!

出張買取は、簡単に依頼することができます。

当日の流れも、非常にシンプルです。

  • 申し込み
  • 査定
  • 価格提示
  • 支払い

それでは、出張買取を利用する際の4つの流れを確認していきましょう。

3-1:申し込み

まず1つ目は、申し込みです。

買取業者に、メールや電話で申し込みをします。

双方のスケジュールを確認し、訪問日を決めるのです。

買取業者にもよりますが、スケジュールに空きがあれば最短当日に訪問してくれます。

また、この時点でメールにて査定をするため、ある程度の査定結果が確認可能です。

確実な査定結果は、当日に現品を見てから決まります。

3-2:査定

2つ目は、当日に行われる査定です。

金の重さや、純金度を調べ、その結果に伴い査定結果を確定します。

付属品や保証書がある場合は、この時点で提示しましょう。

3-3:価格提示

3つ目は、価格提示です。

最終的な査定結果に基づいた金額を提示します。

3-4:支払い

4つ目は、支払いです。

最終的に提示された金額に満足がいけば、金額を現金でその場で支払いしてくれます。

大金の場合や振込希望の場合は、後日口座に振込対応も可能です。

万が一、査定結果の金額に満足がいかなかった場合も、キャンセル料は無料になります。

金を買取してもらう際に、少しでも高く売るコツを3つ教えます。

3つ全てを確認して、金を1円でも高く売却しましょう。

4:必見!金を1円でも高く売る3つのコツ

せっかくなら、1円でも高く金を売りたいですよね。

以下の3つのコツを抑えれば、金をより高く売却できます。

誰でも簡単にできるので、査定をする前に確認しておきましょう。

  • 汚れを落とす
  • 付属品と一緒に売る
  • 金のレートを把握しておく

それでは早速、詳しく説明していきます。

4-1:汚れを落とす

金 買取 掃除

1つ目の金を1円でも高く売るコツは、汚れを落とすことです。

長年使用していなかった金に、ホコリなどが付着していませんか?

査定を受ける前に、ホコリや汚れを落としておきましょう。

重要なのは、可能な範囲で行うことです。

無理に汚れを落とそうとして、傷がついてしまうと減額の対象になります。

綺麗な柔らかい布で拭くなど、可能な範囲で汚れを落としましょう。

4-2:付属品と一緒に売る

金 買取 保証書

2つ目のコツは、付属品と一緒に売ることです。

鑑定証や保証書など、金を購入した際に付属品があれば一緒に買取をしてもらいましょう。

鑑定証だけでなく、購入した際の箱やショッパーなどがあれば、一緒に売ることが重要です。

なぜなら金の重さだけでなく、ブランドネームやデザインに対しての価値を上乗せして売却することができます。

本来の金のアクセサリー以上の価値が付き、高価買取が可能です。

4-3:金のレートを把握しておく

金 買取 レート

最後のコツは、金のレートを把握しておくことです。

実際に金のレートは、毎日変動しています。

金のレートは、各買取業者のホームページで確認可能です。

石油のように金は有限物資のため、世界の経済状況などにより価格が変わります。

例えばリーマンショックが起こった2008年は、金の買取価格は1g3000円台に下がりました。

今現在、2021年11月の買取価格を確認すると、1g7000円台で2倍以上です。

金の価値が下がっている時期に、売却しないように気を付けましょう。

金を買取してもらう際に、注意が必要です。注意点3つを確認しましょう。

5:ご用心!金を買取してもらう際の3つの注意点

金を買取してもらう際に、注意することはある?

答えはYESです。ここでは、3つの注意点に関してご紹介します。

  • 消費税を納める可能性がある
  • 所得税を納める可能性がある
  • 金の重さを量る

3つの注意点に関して、より簡単に解説していきます。

5-1:消費税を納める可能性がある

金 消費税

1つ目の注意点は、消費税を納める可能性がある場合です。

金を売却した際、買取業者は金の買取金額に消費税を足して支払いする必要があります。

個人で売却した場合だと、その消費税は納税する必要はありません。

しかし、短期間に何度も金を売却し、消費税を受け取ると商業目的で金を売却していると認識され、消費税を納税しなければならない可能性があります。

金を売却する際は、短期間で何度も売らないように注意しましょう。

関連記事:【読めば分かる】貴金属買取の消費税を解説!おすすめの買取業者5選

5-2:所得税を納める可能性がある

金 所得税

2つ目の注意点は、所得税を納める可能性がある場合です。

金の買取価格が50万円以下だった場合は、免税対象になります。

しかし、買取価格が50万円を超える場合は、所得税を納める義務があるので注意しましょう。

所得税の計算方法に関して、より詳しく簡単にこちらの記事で解説しているのでチェックしてみてくださいね。

関連記事:【読めば分かる】貴金属買取の消費税を解説!おすすめの買取業者5選

5-3:金の重さを量る

金 買取 量り

3つ目の注意点は、金の重さを量ることです。

金は、グラム単位で値段が変動します。

査定を受ける前に、重さを量ってある程度の金額を知ることが重要です。

悪質な買取業者に当たった場合、金の重さをごまかす可能性があります。

自分自身を守るためにも、金の重さを知ることが重要です。

以上、3つの注意点をご紹介しました。金の買取を検討の際には、気を付けましょう。

金を出張買取してくれる、おすすめの買取業者「ブランド買取とらのこ」をご紹介します。

6:間違いなし!金の出張買取はブランド買取とらのこ

金 買取 とらのこ

金の買取でおすすめの買取業者は、ブランド買取とらのこです。

ブランド買取とらのこは、全国に出張買取対応をしている買取業者になります。

ブランド買取とらのこは、金の重さだけで買取額を決めるのではなく、宝石やデザインなどを含めた買取額です。

そのため、更なる高価買取が期待できます。

また古いものや、壊れている他社ではお断りされるような金でも、買取可能です。

その他、金・貴金属のみならず、家具や家電、ブランド品などの買取も行っています。

使わなくなった不用品も買取してくれるので大変便利です。

相談・査定料」「出張料」「搬出料」「キャンセル料」が無料のため、気軽に利用できます。

金の買取は、ブランド買取とらのこにお任せです。

まとめ

金を買取してもらう際に、必要なものをご紹介しました。

個人での買取には、基本的に身分証明書のみで構いません。

しかし、200万円以上の買取額だった場合は、その他に書類が必要なので買取業者に確認をしておきましょう。

金の買取を依頼する際は、出張買取を利用することがおすすめです。

1円でも高く売るコツと、注意点を確認してより高く金を売却しましょう。

ブランド買取とらのこは、LINEでも無料で相談できます。

金の売却だけでなく、他の不用品もまとめてブランド買取とらのこで買取しませんか。

金の買取なら、とらのこ

とらのこでは、金を高価買取いたしております。