【原付は出張買取にお任せ】出張買取業者5選+必要書類の詳細

原付って出張買取してくれるのかな…。

原付は、出張買取を利用して売ることができます。

店頭まで乗っていって売ることもできますが、帰りの足が無くなると困りますよね。

しかし、出張買取を利用すれば、指定した場所まで買取業者が訪問してくれるのです。

つまり、帰りの足のことや交通費のことを考えずに、原付を売ることができます。

原付を出張買取している、おすすめの出張買取業者を紹介しましょう。

  • 原付出張買取業者5選
  • 原付を売る際の必要提出書類
  • 原付を高く売るための5つのコツ

最後まで読んでいただけると、大事に使っていた原付を1円でも高く売ることができます。

買取額で新しい原付や、バイクを購入するための費用の足しにすることもできるのです。

是非最後まで御覧ください。

1:原付は出張買取を利用!おすすめ出張買取業者5選

原付を出張買取している、買取業者を知りたい。

おすすめの出張買取業者を5つ紹介しましょう。

出張買取は、原付の買取だけでなくあらゆる不用品の買取にとても便利です。

  • ブランド買取とらのこ
  • レッドバロン
  • バイク館
  • バイク王
  • バイクワン

弊社、ブランド買取とらのこは原付を出張買取いたします。

他の不用品とまとめて、弊社に買取依頼をしてみませんか。

関連記事:【バイク出張買取】不動車を確実に売る為の3つのコツを伝授 

1-1:ブランド買取とらのこ

とらのこブランド買取とらのこは、原付を出張買取いたします。

出張料査定料搬出料キャンセル料無料です。

幅広い商品の買取が可能だと思う買取店」「今注目の買取店」「ブランド好きがおすすめする買取店」で1位を受賞しています。

今、最も注目されている買取業者です。

独自の幅広い販路を持っているため、あらゆる不用品の買取を可能としています。

査定士の1人1人は、厳しい研修とテストを受けているので、不用品のジャンルが広くても適正な査定価格が分かるのです。

自宅に原付だけでなく、あらゆる不用品が眠っていませんか。

ブランド買取とらのこを利用すれな、一気にまとめて売ることが可能ですよ。

とらのこの出張買取

1-2:レッドバロン

レッドバロンレッドバロンは、バイク専門買取業者です。

24時間365日買取の受付をしています。

年間、約11万台をネットワークで販売している、実績がある買取業者です。

仲介業者などを挟まないため、コスト削減ができ、その費用を買取額に充てています。

ローン支払い中の原付古くて動かない原付(不動車)であっても、買取が可能です。

パーツを多く持っているので、自社修理し、また販売することができます。

1-3:バイク館

バイク館バイク館は、バイクの買取を専門にしている買取業者です。

バイク館は高価買取を実現するために、自社修理を徹底しています。

次の購入者に繋ぐ前に、他の業者に依頼(外注)をしていないのです。

また、販路は日本国内だけではありません。

国外にも販路を持っているため、1番高く買取ができる卸先を選定できるのです。

1-4:バイク王

バイク王バイク王も、バイク専門買取業者です。

スタッフの対応が良く、利用者の93.4%が対応に満足しています。

故障車事故車であっても、買取が可能です。

万が一バイクの査定金額に満足がいかなくても、査定料出張料無料で利用できます。

名義変更廃車届などの面倒な手続きも、バイク王が代行してくれるので大変便利です。

1-5:バイクワン

バイクワンバイクワンは全国に出張買取の対応をしています。

予約の混雑状況によっては、即日対応可能です。

スピーディーな対応なので、急ぎの場面でも直ぐに利用することができます。

24時間電話受付対応しており、手数料は一切無料です。

バイクは全車種買取対応なので、古い原付でも買取してくれます。

常に相場を把握しているので、適正な査定額で買取をしてくれるのです。

2:【要確認】原付を売る際に必要な書類

必要書類原付を売る際に必要なものってなに?

出張買取を利用する際に、必ず必要なものが顔つき身分証明書です。

身分証明書が無ければ、買取は成立しません。

身分証明書とは、以下のようなものがあげられます。

関連記事:車は出張買取で売るのがベスト?高価買取の理由と必要書類を大公開 

身分証明書

  • 運転免許証・運転経歴証明書
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 個人番号カード

出張買取を利用する前に、必ず用意をしておくようにしましょう。

その他にも、印鑑自賠責保険証が必要です。

自賠責保険証は、自動車(バイク・原付含む)の持ち主が必ず保持をしていなければなりません。

身分証明書印鑑自賠責保険証用意しておきましょう

原付:標識交付証明書

その他に、原付を売る際に必要なもの標識交付証明書です。

標識交付証明書には、ナンバープレートや車台番号、車名に排気量などが記載されています。

簡単に言うと、原付の車検証のようなものです。

原付を譲渡する際には、必要な書類なのでどこに保管されているか確認をしておきましょう。

未成年者の場合

未成年は、保護者の許可なしに原付を売ることはできません。

未成年者の場合、保護者の同意書が必要となります。

保護者の同伴保護者の身分証明書が必要となる可能性があるため、未成年者が原付を売る際は買取業者に一度問い合わせをすることでスムーズに買取が行えるでしょう。

3:バイクを高く買取してもらいたい!5つのコツ

コツバイクをせっかく売るのであれば、1円でも高く売りたくありませんか。

実はバイクの買取額を上げるための、秘訣が5つあります。

試すと試さないでは、買取額は遥かに変化するでしょう。

手間は少しかかりますが、買取額を上げるために実践してみてくださいね。

  • コツ①:相見積もり
  • コツ②:きれいに手入れをしておく
  • コツ③:純正パーツを添える
  • コツ④:交渉をする
  • コツ⑤:売却のタイミングを見計る

5つの中でも特に重要なのは、相見積もりをとることです。

詳しく解説していきましょう。

関連記事:出張買取でトラブルに遭わないための5つの注意点!高く売るポイント 

コツ①:相見積もり

相見積もりを取ることは、決して忘れてはいけません。

相見積もりとは、複数の業者に見積もり査定を依頼することです。

1社に絞って買取を進めてしまうと、果たしてその買取業者の買取額が高いのか低いのか分かりません。

損をしてしまう可能性があります。

手間と時間はかかってしまいますが、急ぎでない限り、相見積もりはおすすめの買取額UP方法です。

少なくても買取額が比較できるように、3社以上に見積もりを出してもらいましょう。

コツ②:きれいに手入れをしておく

きれいに手入れをすることで、原付の買取額は上がるでしょう。

泥や砂埃が付いた原付と、綺麗に手入れをされている原付だと、後者の方が高く売れると想像できますよね。

しかし、掃除はあくまでも可能な範囲で行うようにしましょう。

無理に清掃をしようとして、新たな傷をつけてしまうと本末転倒です。

コツ③:純正パーツを添える

バイクの純正パーツを可能な範囲で揃えておきましょう。

古い型番によっては、純正のパーツが販売されていない可能性があります。

純正パーツが揃っていれば、一緒に売ると買取額は上がるのです。

売る前に今一度確認をしておきましょう。

コツ④:交渉をする

交渉をすれば、買取額は上がるかもしれません。

交渉の際に有効なのが、相見積もりです。

相見積もりで、〇〇社は〇〇万円で買取をしてくれるなどと、具体的な数字を言えば交渉が成立する可能性は上がるでしょう。

コツ⑤:売却のタイミングを見計る

原付は売るタイミングを見計らって売るようにしましょう。

買取額が下がってしまうタイミングは、ズバリ秋から冬です。

しかし、春から夏にかけては原付を購入する人が増加します。

そのため、買取業者はバイクの在庫を潤すためにも春から夏にかけては買取額をUPしているのです。

タイミングによっては、25%ほど買取額の差異があるので、タイミングは見計らって売るようにしましょう。

まとめ

原付の買取をしているおすすめの買取業者を5つ紹介しました。

原付を売る際は、必要書類の用意をしてご紹介した5つのコツを試してみてくださいね。

ブランド買取とらのこは、原付高価買取いたしております。

原付だけでなく、自宅の中のあらゆる不用品をまとめ買いいたしております。

先ずは気軽に、ご相談ください。

原付の買取なら、とらのこ

とらのこでは、原付を高価買取いたしております。