【売る前に確認】ロードバイク出張買取業者5社+防犯登録の解除

ロードバイクは出張買取で売ることができます。

出張買取を利用すれば、店頭まで持って行く手間が省け楽に売ることができるのです。

店頭まで持って行くと、行きは良いですが帰りの足に困りますよね。

ロードバイクを売る際は、出張買取を利用して売りましょう。

今回は、おすすめの出張買取業者やロードバイクの買取相場を解説します。

  • おすすめ出張買取業者
  • ロードバイク買取相場
  • ロードバイクを売る際のコツ
  • 買取前の2つの手続き

後半では、ロードバイクを売る際に気を付けておきたい注意点を解説します。

是非最後まで御覧になって、出張買取でロードバイクを売るコツをつかんでくださいね。

関連記事:【原付は出張買取にお任せ】出張買取業者5選+必要書類の詳細 

1:【ロードバイク】出張買取業者厳選5選

ロードバイクを出張買取してくれるおすすめ業者を知りたい!

おすすめの出張買取業者を5つご紹介します。

  • ブランド買取とらのこ
  • サイパラの自転車買取
  • 自転車のリサマイ
  • バイチャリ
  • ビチアモーレ

5つの出張買取業者の中でも、特におすすめなのはブランド買取とらのこです。

弊社ブランド買取とらのこは、ロードバイクを高価買取いたします。

1-1:ブランド買取とらのこ

とらのこブランド買取とらのこは、出張買取をメインに行う買取業者です。

買取品目は買取業界最大で、ロードバイクだけでなくあらゆる不用品の買取を行っています。

幅広い商品の買取が可能だと思う買取店」「今注目の買取店」「ブランド好きがおすすめする買取店」で3冠を達成した買取業者です。

徹底した相場リサーチと、膨大な販路の中から売却先を選定することができ、高価買取を実現しています。

ロードバイクだけでなく、使わなくなった家電や家具がありませんか。

一緒に売ることで、更に高価買取をさせていただきます。

とらのこの出張買取

1-2:サイパラの自転車買取

サイパラサイパラの自転車買取は、自転車の製造も行っている自転車専門店です。

自転車だけでなく、ホイールフレームウェア類買取も行っています。

出張買取は、最短即日で対応が可能です。

スタッフの対応が良く、安心して利用することができます。

対応満足度は98.91%と高く、多くの利用者が満足しているのが分かりますね。

1-3:自転車のリサマイ

リサマイ自転車のリサマイは、出張買取をはじめ店頭買取宅配買取の3つから買取方法を選ぶことができます。

自転車好きのスタッフばかりなので、買取額も適正な価格を付けることができるのです。

最短30分で出張買取対応と、スピーディーな対応力も魅力の1つとなっています。

全国に53店舗展開しており、近くの店舗から迅速な出張買取ができるのです。

1-4:バイチャリ

バイチャリバイチャリは、国内最大の販路を構えているからこそ高価買取を実現している買取業者です。

国内だけでなく国外の相場を常に算出しているため、適正な買取額で自転車を買取することができます。

自転車の買取に関しては、様々なパーツや付属品の研修を査定士1人1人が行っているため、査定士1人1人の査定力も安定しているのです。

在庫を回転させることで、保有コストを抑え、買取額に反映することができます。

その結果として、更なる高価買取を実現しているのです。

1-5:ビチアモーレ

ビチアモーレビチアモーレは、ロードバイク好きによるロードバイクショップです。

ロードバイクを専門に買取を行っています。

1年に700台を越えるロードバイク、そして2万点以上のパーツの販売をしているからこそ、得られる知識経験が買取に活かされています。

自転車安全整備士や自転車技師が在籍しており、中古尾自転車も自社整備することで高価買取を実現しているのです。

2:【ブランド別】ロードバイクの買取相場額

ロードバイクロードバイクには、数多くのブランドが存在します。

高価なものから、比較的安価なものまで様々です。

新品で購入する場合は、価格が高くなりますよね。

そのため、中古の自転車はとても需要が高いのです。

主なロードバイクの買取相場をチェックしてみましょう。

ブランド名 買取相場額
ビアンキ 50,000円~100,000円
トレック 50,000円~80,000円
キャノンデール 50,000円~120,000円
アンカー 50,000円~80,000円
ルイガノ 10,000円~50,000円
グランディール 10,000円~20,000円

※買取額は相場です。

ロードバイクは、部品などが高く売れることがあります。

日頃から丁寧に手入れをしておくと、買取額はUPするでしょう。

3:ロードバイクを売る!3つのコツ

ロードバイク初めて売る…コツはあるかな?

ロードバイクを売る前に試していただきたいコツが3つあります。

このコツを試せば、お持ちのロードバイクを1円でも更に高く売ることができるでしょう。

  • 早めに売る
  • 手入れをしておく
  • 相見積もりをとる

ロードバイクは、古ければ古いほど価値が下がります。

不要であれば、直ぐに売るといいでしょう。

関連記事:出張買取はなんでも買取可能!買取業者5選と買取品目の表を徹底公開 

3-1:古ければ買取額は下がる

ロードバイクは、古ければ古いほど買取額が下がります。

使わないまま放置しておくと、買取額は下がってしまうのです。

また、走行距離使用感も買取額にそのまま反映されます。

「使わない!」と決めたら、直ぐに売るようにしましょう。

3-2:手入れをまめにしておく

日ごろからの手入れをこまめにしていますか。

手入れがされているロードバイクは「大切に使われていたんだな」と思われます。

逆に泥やほこりがついたまま売ってしまうと、大切に使っていなかったんだと判断され買取額に反映されることもあるのです。

3-3:相見積もりをとる

相見積もりとは、複数の業者に見積もり査定を依頼することです。

複数の買取業者から見積もりを依頼することで、どの買取業者が1番高い買取額か分かります。

買取業者の在庫の関係によって、買取額は大きく変化する可能性があるのです。

時間と手間はかかってしまいますが、3社以上に見積もり査定を依頼するといいでしょう。

4:【売る前に要確認】買取前の2つの手続き

防犯登録ロードバイクを早速売ろう…!

売る前に確認をしておくことがあります。

  • 防犯登録の解除
  • 自転車保険の解除

上記2つを済ませてから、ロードバイクは買取依頼をするようにしましょう。

詳しく解説します。

関連記事:【出張買取のトラブルに巻き込まれないために】4つの対策方法を伝授 

防犯登録の解除

自転車を購入した際に防犯登録をしましたよね。

購入した自転車を売るのであれば、防犯登録の解除が必要です。

防犯登録は解除をしていないと、新しく防犯登録をすることができません。

新しい持ち主の手に自転車が行く前に、防犯登録を解除しないといけないのです。

防犯登録は解除手続きをしても、解除されるまでに少し時間がかかります。

新たな持ち主が盗んだ自転車でないことを証明するのに、譲渡証明書も準備しておくと良いでしょう。

自転車保険の解除

自転車保険に入っている方は、保険の解除も必要です。

保険会社に連絡をして、売る前に解除しておくようにしましょう。

まとめ

ロードバイクを出張買取しているおすすめ買取業者を5社紹介しました。

ロードバイクを売る前に必ず、防犯登録の解除自転車保険の解除を確認しておきましょう。

弊社、ブランド買取とらのこは、ロードバイクを高価買取いたしております。

乗らなくなったロードバイクがある場合は、気軽にご相談ください。

ロードバイクだけでなく、あらゆる不用品とまとめてお売りいただけます。

ロードバイクの買取なら、とらのこ

とらのこでは、ロードバイクを高価買取いたしております。