【出張買取のトラブルに巻き込まれないために】4つの対策方法を伝授

出張買取でトラブルに巻き込まれないかな・・

出張買取を初めて利用する場合は、少し不安ですよね。

出張買取は、不用品を買取業者が自宅に訪問し買取してくれる大変便利なサービスです。

トラブルに遭わないように、注意点を確認しておきましょう。

トラブル回避方法や、クーリングオフ制度を確認しておくことで安心して利用できます。

出張買取は、ブランド買取とらのこにお任せください。

1:【出張買取のトラブル】4つの注意点

トラブル 注意出張買取に多いトラブルにはご注意ください!

出張買取では「特定商取引法」で、禁止されている行為があります。

出張買取を依頼する際には、以下に挙げる注意点には気を付けましょう。

  • 依頼をしていない出張買取
  • 依頼をしていない品物の買取
  • 買取成立まで居座り続ける
  • 契約/見積書を出さない

特定商取引法に基づいて、分かりやすく説明していきます。

参考:訪問購入|特定商取引法

1-1:依頼をしていない出張買取

1つ目は、依頼をしていない出張買取には注意をすることです。

買取を依頼していないにもかかわらず、家を訪問して不用品を買取する買取業者があります。

いわゆる、飛び込みでの買取は違法です。

特定商取引法で、不招請勧誘の禁止(ふしょうせいかんゆうのきんし)で禁じられています。 (法第58条の6第1項)

依頼をしていない、出張買取は絶対に利用してはいけません。

1-2:依頼をしていない品物の買取

2つ目は、依頼をしていない品物の買取には注意をしましょう。

依頼をしていない品物の買取とは、本来買取をしてもらう予定以外の品物の買取です。

業者側が確認作業として1度だけ「他に追加で買取できるものはありませんか」と、伺うのは問題ありません。

しかし、そこで何度も「他に貴金属はないか」などとしつこく伺うのが禁止されています。

再勧誘の禁止で違法とされているのです。(法第58条の6第2項)

売る予定のないものは、しっかりと断りましょう。

1-3:買取成立まで居座り続ける

3つ目の注意点は、買取成立まで居座り続ける行為です。

買取が成立するまで居座り続け、消費者側に恐怖感を与えます。

いわゆる、押し買いという行為です。

押し買いも、再勧誘の禁止で違法となります。(法第58条の6第3項目)

1-4:契約/見積書を出さない

4つ目の注意点は、契約/見積書を出さない出張買取業者です。

買取業者は、書面の交付(法第58条の7、8)で以下の項目を記載した書面を消費者側に渡さなければなりません。

書面の交付(法第58条の7,8)
物品の種類
物品の購入価格
代金の支払時期・方法
物品の引き渡し時期・方法
契約の申込みの撤回に関する事項
物品の引き渡しの拒絶に関する事項
事業者の氏名(名称)・住所・電話番号・代表者名
契約の申込み・締結を担当した者の氏名
契約申し込み・締結の年月日
物品名
物品の特徴
物品/付属品の商標、製造者名、販売者名、形式
契約の次回所に関する定めがある場合はその内容
その他

出張買取を利用する際は、契約/見積書をしっかりと確認しましょう。

2:出張買取のトラブルを避ける!4つの回避方法

トラブルを回避する方法はある?

出張買取を利用する前に、トラブルを回避する方法があります。

あらかじめ、以下に挙げる4つの方法を確認しておきましょう。

  • 会社情報を調べる
  • 古物商の許可を得ているか確認する
  • 事前に見積もりをとる
  • 品物の相場を調べておく

上記4つの項目をきちんと確認することで、トラブルに遭う確率はグッと減るでしょう。

1つずつ詳しく説明していきます。

2-1:会社情報を調べる

回避 情報1つ目は、会社情報を調べることです。

出張買取を依頼する前に、会社の所在地や電話番号を調べましょう。

会社の住所がない場合や、電話番号が固定電話でなく携帯電話の場合は注意が必要です。

万が一、悪質な買取業者だった場合、後々連絡が取れない可能性があります。

また、会社の口コミを調べておくことも有効手段の1つです。

実際に利用した方の口コミを調べることで、利用する予定の買取業者の情報が分かります。

以前に利用した方の大半が、不満な声を上げている業者は利用したくないですよね。

2-2:古物商の許可を得ているか確認する

回避 許可証2つ目は、古物商の許可を得ているか確認することです。

古物商の許可は、中古品(新品でも再販するために買取された品物)を買取・売却する際に必要な許可になります。

古物商の許可を得ていない買取業者は、違法で事業をしているのです。

また訪問するスタッフは、行商従業者証を携行しなくてはなりません。

少しでも怪しいな・・と思ったら、以下のような形式の許可証を持っているか確認しましょう。

行商従業者証は、縦5.5cm横8.5cmのプラスチックのカードです。

行商者の名前や顔写真、生年月日を記載する必要があります。行商従業者証

参考:古物営業法|警視庁

2-3:事前に見積をとる

回避 見積3つ目は、事前に見積をとることです。

多くの出張買取業者は、事前の見積を無料で行っています。

事前見積を利用して、ある程度の買取額を把握しておきましょう。

1社のみで見積を行うのではなく、数社で見積をとることが重要です。

値段を比較することができますし、見積をとる際のスタッフの対応も確認できます。

2-4:品物の相場を調べておく

回避 相場4つ目は、売る品物の相場を調べておくことです。

売る品物の相場を知らなくては、低い価格で査定されても何も言えませんよね。

例えば、GUCCIのディオニュソスの鞄の相場はネット上だと10万円~15万円だと考えられます。

その鞄を半額以下の5万円で査定されたら、なぜ?と理由を伺うことができるのです。

品物の相場を知ることは、相場以下の価格での買取を防ぐ手段として重要です。

万が一、品物を相場より低い値段で買取されてもキャンセルができます。

出張買取は、クーリングオフ適用内です。

3:知っておくと便利!クーリングオフ制度

クーリングオフってなんだったかな・・

学生時代に聞いたことがあるような単語ですよね。

クーリングオフとは、8日間以内であれば契約を解除できる制度になります。

8日間は、わたし達消費者に再考する時間として与えられるのです。

「相場より低い値段だった」「やっぱり売りたくない」と後悔をしても、8日間以内であればキャンセルできます。

出張買取を利用する際には、買取業者とクーリングオフの確認を必ず行いましょう。

クーリングオフに関しての情報を与えてこないような買取業者は、利用しない方がいいでしょう。

参考:クーリングオフってなに?|国民生活センター 

4:出張買取は簡単!依頼から当日までの4つの手順

出張買取を利用したい!どういった流れなの?

出張買取の、依頼から出張買取当日までの流れはシンプルです。

気軽に利用でき、大変便利なのです。

  • 申込み
  • 査定
  • 作業
  • 支払

4つの手順を、確認していきましょう。

4-1:申し込み

手順 申込み1つ目の手順は、申込みです。

依頼する予定の買取業者を数社絞り、申込み・事前見積をしてもらいましょう。

メールや電話だけでなく、LINEでも申込みができ大変便利です。

事前見積を数社行い、どの買取業者が1番高値の査定額か確認をします。

買取業者を選んだら、お互いのスケジュールを照らし合わし出張買取日を決めるのです。

お急ぎの場合は、当日に出張買取を対応してくれる業者もあります。

4-2:査定

手順 査定2つ目の手順は、査定です。

オンライン上で行った査定ではなく、実際に現物を見て査定します。

オンラインでは見られなかった、傷や相違点がないかを確認する作業です。

この段階で、査定額が決まります。

4-3:作業

手順 作業3つ目の手順は、作業です。

査定額に満足した場合、訪問したスタッフが梱包や搬出などを行います。

大きい家具や家電なども、搬出してくれるのでです。

4-4:支払い

手順 支払4つ目の手順は、支払いです。

支払いは、当日その場で現金で支払われます。

支払いを銀行振込希望の場合は、銀行振込も対応可能です。

出張買取は、気軽に利用できて大変便利なサービスになります。

数ある出張買取業者の中でも、おすすめはブランド買取とらのこです。

5:出張買取はブランド買取とらのこで決まり

出張買取 とらのこ

おすすめの、出張買取業者を教えてほしい!

ズバリ、出張買取はブランド買取とらのこを利用することがおすすめです。

親しみやすい接客と高価買取の実績が、人気の理由になります。

ブランド買取とらのこは、訪問するスタッフの査定力や接客力を向上するために社内教育や、専門家による研修を日々行っているのです。

その結果、1人1人の査定力・接客力が平均的に高いレベルになります。

また、買取できるジャンルが豊富なこともブランド買取とらのこの魅力の1つです。

貴金属やブランド物だけでなく、楽器や家具家電・衣類などあらゆる品物の買取を行っています。

他社ではお断りされたような、壊れたものでも買取可能です。

「相談・査定費」「出張費」「キャンセル費」がすべて無料で利用できます。

不用品の買取をお考えのあなたには、ぴったりな買取業者です。

まとめ

出張買取のトラブルに遭わないように、注意点をご紹介しました。

トラブルなど一見不安もありますが、出張買取の手順はとてもシンプルでトラブルをあらかじめ回避する方法もあります。

なにより、自宅まで不用品を買取に訪問してくれて大変便利です。

ブランド買取とらのこは、実際に利用したお客様の満足度が高い出張買取業者になります。

「古いから、売れないでしょう」と決めつけずに、まずはご相談ください。

出張買取なら、とらのこ

とらのこでは、不用品を高価買取いたしております。