金の買取は蛍光X線を使用している!おすすめ金の高価買取業者紹介

「金を持っているけど、今の買取価格が知りたい」

「金を売りたいけど、本物がどうか分からない…」

金は資産のひとつとして、長年愛され続けていますよね。代々受け継がれたものもあれば、現物の資産が欲しいと購入した方もいらっしゃるでしょう。

金を売りたいと考えた時に、見た目だけでは本物かどうか判断できない場合が多いです。偽物だった場合は、詐欺に遭っていた可能性や売れないなんてこともあるかもしれません。

そのようなことを避けるため、この記事では以下のことが分かります。

  • 蛍光X線分析装置を使った、本物の金かの見分け
  • その他方法での、本物の金かの見分け
  • おすすめの金の買取業者

それでは、さっそく見ていきましょう。

1:金の買取で欠かせない「蛍光X線分析装置」のメリット

蛍光X線分析装置とは、蛍光X線を使い分析試料の構成元素を分析する装置のことです。状態に左右されず、様々な元素分析ができるという特徴があります。

蛍光X線分析には種類があります。

エネルギー分散型蛍光X線分析装置は、半導体検出器を利用することで、検出器自体でX線分析が可能です。EDX(Energy Dispersive X-ray Fluorescence Spectrometer)とも呼びます。

短時間で、複数元素の測定ができ、比較的微小なものや微量の資料分析に適しています。

波長分散型蛍光X線分析装置は、分光素子によって蛍光X線を分光することで、組織分析を行う装置です。WDX(Wavelength Dispersive X-ray Flourescence Spectrometer)とも呼びます。EDXよりも分解能が高いため特定元素の抽出に適しています。精度の高い組成分析が可能です。

それでは、蛍光X線分析装置を使うメリットを紹介します。

まず、直接対象物質の成分を分析することができます。個体・粉体・水溶液の分析が短時間で実施できることもメリットです。

次に、対象物を傷つけず分析することができます。納品前の製品に対して有害物質のスクリーニングを行えることもメリットです。

専門性をほとんど必要とせず、比較的簡単に使えるので、金が本物か偽物か判断するのにおすすめです。

2:X線検査以外!貴金属を本物と判断する3つのポイント

ここでは、装置を使わずに本物の金かどうかを判断する方法を3つに分けて紹介します。

2-1:金の刻印を調べてみる

金製品の純度は、24分率という基準で判断されます。「K24」は他の素材が混ざっていない純金を表すものです。

金は金属の中でも柔らかく、傷がついたり型崩れを起こしやすい素材です。通常は、日常生活の衝撃に耐えられるように、異素材の金属を混ぜてジュエリーを作ります。

K20やK18といったものが多く、K14PGのような色味を変えてあるものもあります。K14PGは、ピンクゴールドを指すものです。

Kが先に来ること、数字、また刻印の横に日本国旗があれば日本の造幣局の審査を通った、信頼できる品質です。確認してみましょう。

2-2:磁石がつくか確認する

磁石の使用は、ご自宅で貴金属が本物か金メッキなのかを確認する最も簡単な方法と言えるでしょう。純金や金と混ぜられる銀、アルミニウムは磁石につくことがありません。そのため、磁石につく金製品は偽物である可能性が高いです。

ただし、この方法で全ての金メッキ製品を判断できるとは限りません。銀や錫といった磁石につかない素材を選んで、金メッキを施すといったものもあります。本物でも、混ぜる金の種類によっては磁石がつくことがあるので慎重に行いましょう。

2-3:金の色味を観察する

偽物の金は、純金を使用した製品と比べて色味が不自然であることが多くなっています。金製品の色味は純度に依存するので、金の色味を観察することによって本物か偽物かをある程度判断できます。

100%の純金は、濃いオレンジ色です。先程紹介したKの後の数字が下がるにつれて、色味はだんだんと黄色くなっていきます。K10になると含まれている銅の影響によって暗い色味になっていきます。純金のジュエリーなどあれば比較してみてもよいでしょう。

金メッキ製品は色味が薄く、不自然な光り方をしていることがよくあります。よく観察してみることが大切です。

3:金の買取におすすめ!出張買取業者5選

金の買取と聞くと、どのような方法や流れを想像しますか。店舗や査定人がいるところに直接持って行くことを思い浮かべる人が多いでしょう。

しかし、現在では出張買取も便利になってきています。ここでは、おすすめの出張買取業者についてまとめています。あなたに合った業者を見つけましょう。

3-1:とらのこ

とらのこでは、金の純度と重さだけではなくさまざまな観点から査定をしてくれます。

曲がっていたり、少量、刻印がない金でも査定買取を行ってくれるので、まずは相談してみましょう。

経験・実績ともに豊富な業者のため、適正価格で金の買取をすることができます。

3-2:おたからや

おたからやは、貴金属の買取を専門としている業者です。

買取価格満足度でNo.1を受賞しており、Googleの評価でも星4.8を得ています。

期間限定のキャンペーンをしていることもあり、特典ももらえるのでサイトを確認してみましょう。

店舗コストの削減、メンテナンスの自社化で大幅コスト削減をしているので、買取価格にも差がつけられるようです。

3-3:なんぼや

なんぼやは、金を始めブランド品の買取に力を入れている業者です。

「出張買取の時に、なるべく近隣の人に見られたくない」

「出張買取をして欲しいけど、家の中に入られるのは抵抗がある」

という人におすすめで、店名やロゴなしの一般車両で訪問してくれ、玄関での査定も可能です。

感染予防対策も徹底しているので、検討してみてください。

3-4:バイセル

バイセルは、テレビCMが流れているので知っている人も多いのではないでしょうか。金・プラチナの買取を専門としています。

査定料や送料、出張料といった各種手数料が無料となっているため、気軽に利用ができます。

また、出張買取で契約が成立した後でも、8日以内の申し出に関して返品保証をしています。

買取が成立した後でも、返品可能なので気軽に検討してみてください。

3-5:ザ・ゴールド

ザ・ゴールドは、金・貴金属の買取を専門としています。

貴金属専門査定士とGIA鑑定士が在籍しており、質の高い査定を行ってもらえます。

GIAとは宝石学の世界的教育機関のひとつであり、正確な日本語では「米国宝石学会宝石学修了士」と呼びます。

国際的に通用する宝石鑑定士に査定して欲しい人は、ぜひ検討してみてください。

まとめ

いかがでしたか。今回は、蛍光X線分析装置を使うメリットや本物の金か確認する方法、おすすめの買取業者について紹介しました。

正しい知識を身につけ、大切にしてきた金をより高く納得の得られる業者で買取してもらいましょう。

金の買取なら、とらのこ

とらのこでは、金を高価買取いたしております。