【金の買取】ホワイトゴールドを高く売る5つの秘訣+売る際の注意点

ホワイトゴールドについてご存知ですか?

肌馴染みが良くて、まるでプラチナのような美しい輝きを放っているホワイトゴールドは、女性にとても人気が高いと言えるでしょう。

今回はそんなホワイトゴールドを高く売るコツや注意点について見ていきましょう。

1:金の買取!ホワイトゴールドの買取相場

金は毎日価格が変動していきます。

ホワイトゴールドといえばWGK18、WGK14ですが、
WGK18で価格が6000円~7500円程度、
WGK14ですと、5000~5500円程度です。

それぞれ買取業者によっても違いますし、毎日変動しますので、買取業者のホームページにてチェックするようにした方が良さそうです。

2:発見!ホワイトゴールドの特徴

ホワイトゴールドは、金にパラジウムや銀などを混ぜた合金ですが、純粋な金だけでは柔らかすぎるので繊細な加工ができないので、ジュエリーなどには硬度が足りません。

その為、パラジウムなどの他の金属と混ぜることでジュエリーとしての硬度を高めているのです。
硬度を高めているので日常生活で変色や変質が少ないです。そして傷もつきにくいでしょう。

金と白色の金属が混ざると白銀色になるので、ホワイトゴールドと呼ばれています。完全な白にはならないので、表面にロジウムコーティングをすることで、プラチナのような白さが出るのです。

3:ホワイトゴールドを高く売る!5つの秘訣

さて、ホワイトゴールドを高く売るにはどのようにしたらいいのでしょうか?

こちらではホワイトゴールドを高く売るコツについてご紹介します。

3-1:汚れをふき取る

ホワイトゴールドは保存状態が良い程、買取価格が上がる可能性があります。

例えば査定前に柔らかな布で表面をふき取って、清潔なケースに保管をするようにしましょう。

そして、ジュエリー購入時の保証書や証明書・付属品やケースが揃っていたら価値が上がる可能性もあります。

多くのホワイトゴールドは表面にコーティングが施されているのですが、月日が経つとメッキ加工が剥がれて徐々に下地の金が見えてきます。
色がくすんでいる場合、無理矢理こすらずに柔らかい布で優しく拭くだけにしましょう。

3-2:金相場が明朗であること

地金相場は世界中から影響を受けています。そして日々変動をしておりますが、ホワイトゴールドのパラジウムや銀にも相場があります。

ホワイトゴールドの買取に関しては、相場にふさわしい価格で買い取ってもらえる店に依頼しましょう。

金相場を確認するだけではなく、曖昧な買取価格のほか、買取手数料、分析料、キャンセル料など諸費用の情報も明示されていると安心です。
誠実な買取店であれば、買取金額と理由を詳細に説明して貰えるでしょう。

3-3:買取専門店かどうか

ジュエリーや貴金属の専門買取業者であることが大切です。

地金だけでなく、セッティングされている宝石を査定して、素材としてだけでなく、中古ジュエリーを転売するルートを持った買取業者でなくては、正確なホワイトゴールドジュエリーの価値は査定できないでしょう。

3-4:ホワイトゴールドを扱っているかどうか

貴金属買取単価表の中で「ホワイトゴールドWG」が別枠として表示をされているかどうかという点に注目しましょう。

サイトタイトルに「ホワイトゴールドの買取なら」と書かれていたとしても、いざ買取価格表を見てみるとK18の価格しか表示されていないことがあります。
これではホワイトゴールドを高めに買い取ってくれるか、サイト情報だけでは判断することができません。

パラジウム部分の査定はないと考えた方が良いでしょう。

3-5:オークションで売る

不要になったホワイトゴールドを売却したい場合には「オークションで売る」というのも1つの方法です。

オークションならば購入希望者が価格を提示していきます。
運が良ければ高額で買い取って貰える可能性があります。

とはいっても、逆に相場より低い価格で買取価格が決定してしまう場合もありますので、それは注意が必要になってきます。

4:売却前に!ホワイトゴールドを売る際の注意点

さて、ホワイトゴールドを売却する際にはどのようなことに注意するべきなのでしょうか?

具体的にどのようなものがあるのかどうかを見ていきましょう。

4-1:売却前に相場を確認しよう!

ホワイトゴールドを売却する際に、買取相場を確認しておくようにしましょう。

ホワイトゴールドは金ですが、毎日買取価格の相場が変動しているのです。
その為売却するにはなるべく買取価格が高いタイミングを選んだ方がお得になります。

そして、売却前に相場を把握しておけば悪質な業者に定額で売却されたときに妥当ではないと気付くはずです。

売却で損をしない為には相場を確認しておくことが何よりも大切になってくるでしょう。

4-2:ホワイトゴールドの純度を知ること

ホワイトゴールドを売る為には「純度」について知っておく必要があります。

一口にホワイトゴールドと言っても、いくつかの純度があります。
純度が高ければ高い程ホワイトゴールドの価値は高まってきます。
また逆に純度が低くなるとホワイトゴールドの価値は低くなるのです。

この為、純度が低いホワイトゴールドを売却した場合は、思っていたより買取価格が低かったと感じる可能性もあります。

そして、ホワイトゴールドで最も価値が高いと言われているのが「18金」と呼ばれる純度が75%の金です。

この他、更に純度が高い24金や23金もあります。ですが、これらは素材が柔らかいのでジュエリーとしてはあまり使われません。

4-3:素材として売るのかジュエリーとして売るのかを決めること

ホワイトゴールドを売却するには、素材としてか、ジュエリーとしてなのかを選択する必要が出てきます。

「素材」として売るならば、純度は高いホワイトゴールドが良いでしょう。
「ジュエリー」として売る場合にはブランドやアクセサリーが重視されます。

アクセサリーやジュエリーによってはそれぞれ価格差がありますので、どちらで売却するのかどうかというのをキチンと考える必要があります。

そして、優良な買取店の場合、素材としてなのか、ジュエリーとして売るのかどうか、どちらがお得に売却ができるのかということについても相談に乗ってくれたりするでしょう。

4-4:複数業者に査定をお願いする

ジュエリー・貴金属専門の買取業者であることや、ホワイトゴールドには他の金とは別の買取単価がK18ゴールドとは別に表示をされていて、しかも単価が高めに設定されているかどうかを確認しましょう。

そうした上でK18、K14の買取単価が高い業者もあわせて比較して高く買い取ってくれそうな店を数点選び、実際に査定してもらうのです。
それは何故かというと、古いホワイトゴールドには割金にニッケルが使用されている場合があります。必ず高い査定額になるとは限りません。

まとめ

ホワイトゴールドは、金の中でもとても魅力的と言えます。
でも、中には「売りたい」と考える方もいるのではないでしょうか?

近年では金相場が高騰しているということもあり、プラチナよりもホワイトゴールドの価値が高い傾向があります。

ホワイトゴールドを高額買取してもらいたい場合は、保存状態を良好に保つこと、信頼できる買取店に依頼することがポイントになります。

ホワイトゴールドを少しでも高く売る為には、今回紹介したコツや注意点を知っておく必要があるかと思われます。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

金の買取なら、とらのこ

とらのこでは、金の買取を承ります。