「金のインゴット買取にかかる税金は?税金対策もわかりやすく解説」

金のインゴットを買取してもらいたいけど、税金ってかかるのかな?

金のインゴットを売却した際、譲渡所得に区分されます。

利益額が50万円を超える場合は、所得税を支払う必要があるのです。

現在、金の価値は上昇傾向にあり、1gの価格は8,000円を超えています。

そのため、インゴットのような金塊を売った場合は利益が50万円を優に超える可能性があるのです。

税金を支払わなければ、確実にバレるので支払うようにしましょう。

  • 税金の計算方法
  • 納税は必須(確定申告)
  • 税金対策のためにできること
  • 金を売るならとらのこ

この記事を最後まで読んでいただけると、金売却に関する税金について知ることができます。

是非最後まで読んで、あなたができる税金対策を確認してください。

弊社ブランド買取とらのこは、金のインゴットを買取しています。

金の価値が高い今は、金の売り時です。

買取業者でお悩みでしたら、気軽にご相談ください。

金・貴金属を売るなら「とらのこ」

1:金インゴットの買取にかかる税金の計算方法

税金 計算金のインゴットを売却した際、金は譲渡所得として見なされ所得税を支払う必要があります。

しかし、特別控除額として1年間の利益額の合計が50万円を超えなければ、支払いはしなくてかまいません。

しかし、インゴットとなると重さがある場合があるので、利益額が50万円を超える場合が多いでしょう。

そこで、金のインゴットにかかる税金の計算方法を解説します。

計算方法

売却価格-(所得価格+売却費用)-50万円(特別控除)

所得価格とは、金を購入した価格です。

レシートや領収書が残っていない場合は、売却価格の5%が所得価格となります。

50万円で購入した金が150万円で売れたとしましょう。

売却費用として、5万円がかかったとして計算をします。

150万円-(50万円+5万円)-50万円=45万円

この場合だと、所得税を納める必要はありません。

しかし、200万円で売れた場合、上記の計算式に当てはめると95万円の利益が出ますね。

この場合は、確定申告をして所得税を納める必要があるのです。

課税所得金額 税率
330万~695万 20%
695万~900万 23%
900万~1800万 33%
1800万~4000万 40%

ご自身の収入に金の利益額をプラスした価格の税率を納める必要があります。

関連記事:貴金属を買取店に売ったら税金がかかる!計算方法と3つの所得区分 

2:金売却後は納税しないとバレる!【所得税】

確定申告所得税を納めなくても、バレないんじゃないの?

バレます。

買取業者は、金を買取した際、支払い調書を税務署に提出しているのです。

税務署は、誰が金を売ってどれくらいの利益があったのか把握しています。

買取額が200万円を超えた場合は、マイナンバーカードの提出も求められるのです。

確定申告をしないで、万が一所得税を支払っていないのがバレると、どうなるかご存知ですか。

無申告加算税延滞税を支払わなければなりません。

無申告加算税は、納税額が50万円未満の場合は15%50万円を越える場合は20%です。

遠来税は、最高14.6%支払わなければなりません。

所得税を納めるほどの金のインゴットを売った場合は、必ず確定申告をするようにしましょう。

関連記事:金の買取200万円以上でマイナンバーが必要!不要にする条件と提出書類 

3:税金対策のためにあなたができる2つのこと

せっかく売ったのに、税金を納めなければならないの?

と、お考えでしょう。

しかし、実は、あなたができる税金対策が2つあります。

所得税は、金の所有期間が5年以上だった場合、上記で紹介した計算式とは異なるのです。

  • 所有期間が5年以上
  • インゴットを分割して売る

大きなインゴットをお持ちの方は、分割して売るのも1つの手ですよ。

詳しく解説していきましょう。

関連記事:【2022年】貴金属買取業者ランキングBEST5+高く売るコツ 

3-1:所有期間が5年以上

金は所有期間が5年以上の場合、所得税の計算方法が変わります。

所有期間が5年以上の計算式

{売却価格-(所得価格+売却費用)-50万円(特別控除額)}×1/2

5年以上の場合は、1/2の額になるのです。

そのため、納税額を少なくすることができます。

負担を軽減することができるので、急ぎでインゴットを売る必要が無い方は、所有期間を延ばしてみてもいいでしょう。

3-2:インゴットを分割して売る

インゴットは分割して売ることができるのをご存知でしょうか。

手数料はかかってしまいますが、納税を防ぐことができる方法です。

例えば、1㎏のインゴットを持っていたとしましょう。

それを、100gずつのインゴットに分割すると、1kgで売るより100gで売った方が、買取額が安いことは分かりますよね。

1年間の利益額が50万円を越えない場合は、納税の義務がありません。

数年に分けて少しずつインゴットを売っていけば(50万円以下の利益額になるように)、納税をする必要がなくなるのです。

4:金インゴット高価買取します!ブランド買取とらのこ

とらのこ

金のインゴットの買取は、とらのこにお任せください。

とらのこは、これまでに数多くの金・貴金属の買取をしてきました。

経験実績自信がある買取業者です。

スタッフの1人1人は、厳しい研修とテストを受けて査定士へとなっているので、適正な価格で査定をすることができます。

とらのこは「幅広い商品の買取が可能だと思う買取店」「今注目の買取店」「ブランド好きがおすすめする買取店」で見事3冠を達成しました。

万が一、他社様より買取額が低かった場合は、何なりとお申し付けください。

他社様より1円でも高く買取できるように、頑張ります。

金のインゴットの買取は、是非とらのこにお任せください。

金・貴金属を売るなら「とらのこ」

まとめ

金のインゴットにかかる可能性のある「所得税」について解説しました。

税金対策としてできることは、

  • 所有期間を5年以上にする
  • インゴットを分割して売る

上記2つの税金対策ができます。

とらのこは、インゴットを買取強化中です。

現在金の価値は高く売り時なので、とらのこにお任せください。

査定は無料なので、まずは気軽に相談していただけたらと思います。

金のインゴットの買取なら、とらのこ

とらのこでは、金のインゴットを高価買取いたしております。