出張買取営業の仕事とは?やりがい・きびしさなど「生の声」もお届け

出張買取の営業って高収入って聞くけど、誰でもできる仕事なのかな。

特に必要な資格などは一切必要ないため、今すぐに誰もがチャレンジできる職種です。コツさえ掴めば、すぐに年収500万円も夢ではありません。

〈関連〉1年目で年収500万?!貴金属買取スタッフの求人事情を一挙公開

この記事では、以下の内容をお伝えします。

  • 出張買取営業の主な仕事
  • 出張買取営業のやりがい、きびしさ
  • 出張買取営業のコツ
  • 出張買取営業の注意事項
  • 出張買取営業で高収入への近道

この記事を読むことで、出張買取営業の仕事内容だけでなく、実際に営業に出た際に使えるトーク技術や、あらかじめ控えておきたい法律も含めて知ることができるでしょう。

1. 出張買取営業の業務内容と1日の流れ

まずは出張買取営業の業務内容とだいたいの1日の流れを見ていきます。

1-2. 1日の流れ

出張買取営業の1日の流れは、簡単に以下の3ステップに分けられます。

①訪問

お問い合わせのあったお客様のもとへ訪問します。1日あたり約5〜10件が目安です。だいたいの会社では数人のグループにまとまって、車で回ります。

② 査定

お客様からご提供いただいた品物を、チェックリストをもとに査定していきます。数百円からスタートし、数百万円単位の値打ちが付く場合も。

③買い取り

査定額に納得いただけたら、その品物を買い取ります。基本的にその場でお支払いをしますが、お客様のご希望によっては、後日に振り込むこともあります。

〈関連〉1点からでもOK!リサイクル出張買取業者おすすめ3選

2:出張買取営業のやりがい・きびしさ

出張買取営業でしか味わえない達成感や苦労があります。参考までにしてみてください。実際に出張買取営業として働いている人の声も集めてみました。

2-1. やりがい

アンティーク

・さまざまな商品に出会うことができます。ときには珍しいアンティーク品に出会えるかもしれません。

38歳男性「歴史が好きな自分からしたら、江戸時代に使われていた骨董品にはとてもテンションが上がりました。」

・年齢、学歴、性別、など関係なく誰にでもチャンスがあるためやる気次第で稼げます。

24歳男性「特別に頭のいい大学を出たわけではないけど、月に30万円もらってます。若いからといって稼げないことはありません。」

・どうコミュニケーションをとれば売上が増えるか考えることによって、営業のスキルが見につきます。出張買取以外の仕事でも活かすことができるはずです。

29歳女性「将来このまま出張買取の営業として働くかは分からないけど、今後に生かせそうなことを毎日学んでいます。」

2-2. きびしさ

angry girl

・貴金属やブランド品などに限らず、家具や家電などさまざまな商品を扱う業者の場合、豊富な種類の知識が必要となります。

40歳女性「今までの10年間をこの業界で過ごしていますが、はじめた当初は心が折れそうな日々が続きました。でも、経験をつむことによって知識も給料も増えます。」

・お客様のバックグラウンドを把握しながらコミュニケーションをとることが重要になります。お客様が売る品物にはそれぞれストーリーがあり、なかには大きな決断をして売ってくださっている場合もあるため、寄り添った接客を心がける必要があります。

27歳男性「大切な人との思い出の品を売って頂いたときに、お客様の辛そうな顔を見るのはとても胸が痛かったです。」

3. 出張買取営業の3つのコツ

売り上げた分が報酬になるからといって、お客様に強引な対応をとったり、無理に買い付ける行為などは大問題です。お互いが納得する取引を前提に、どうすればより多くの商品を売ってもらえるのでしょうか。ここでは出張買取営業の3つのコツをご紹介します。

  • 売り込みたい気持ちを抑える
  • 気軽な空気づくり
  • 納得できる説明

3-1. 売り込みたい気持ちを抑える

人間だれしも相手から「売りたい」という気持ちが見えてしまうと、興味がなくなってしまいます。まずは、お客様から信頼を得られるような会話をくり広げることが大事です。安心感を与えることによって、「この人なら大丈夫かもしれない」と思ってもらえるでしょう。

3-2. 気軽な空気づくり

お客様がどのようなものを買取ってもらえるのか分からなかったり、見せたもの全てを買い取られてしまうのではないかと思われたりする場合があります。「なんでも買い取る」「取引は査定額に納得した場合のみ行われる」などと先に伝えておくと、お客様も安心して買取を続行できるでしょう。また、テンポよく値段をつけていくと、お客様も次々と不要な商品を引っ張り出してくれるかもしれません。

3-3. 納得できる説明

査定額を提示する際に、なぜその値段をつけたのかしっかり説明できると信頼感が増します。ただ、品物の買取相場などをあらかじめ知っておく必要があるので多少の勉強が必要です。買取の知識を見せつけることで、より安心して任せてもらえるでしょう。

4. 出張買取営業で注意したい「古物商」

会社に所属すれば特に直接関係はありませんが、「古物商」と呼ばれる買取り業務を行う業者に必要な許可があります。そして、許可を得ている古物商が出張買取で取引を行う場合、その場所には制限があるのです。許可を受けた自社の店舗か商品の売主が住んでいる住所でのみ可能になります。また、事前にアポイントを取っていない住所での出張買取は、「飛び込み営業」と呼ばれ、違法行為になるので注意したいポイントです。

5. マル秘!高収入への近道

money

未経験者の初任給でも約25万円/月ほど稼ぐことのできる出張買取営業。実は、インセンティブ報酬があるため、頑張った分だけ給料が上がっていくのです。

そのため、年齢や経験数に関係なく、年収1,000万円も夢ではありません。

商品の知識を増やすとともに、日々の営業での経験を積み重ねることによって売上をアップさせることができるでしょう。

〈関連〉遺品整理士の韓国ドラマ「ムーブ・トゥ・ヘブン」が泣ける2つの理由

まとめ

いかがでしたか?

  • 出張買取営業の主な仕事
  • 出張買取営業のやりがい、きびしさ
  • 出張買取営業のコツ
  • 出張買取営業の注意事項
  • 出張買取営業で高収入への近道

以上、出張買取営業に関する情報をお送りしました。

きびしさももちろんありますが、やる気さえあれば誰でも高収入を狙うことができる仕事といえます。新しくスキルを身につけたいという方におすすめです。

出張買取なら、とらのこ

とらのこでは、出張買取に力を入れております。