【必見】iPhoneを高く買取してもらう3つの方法!5つの事前準備

iPhoneを買い替えたいから、古いiPhoneをできるだけ高く売りたい!と思う人は多いですよね。

しかし買取査定を面倒くさがり、近くのリサイクルショップで適当に売ったり下取りに出したりしてしまう人も多いのが現実です。しかし、iPhoneの査定額はちょっとしたコツと買取業者選びで、グッとアップします。

少しでも高く売りたいとお考えであれば、ぜひ参考にしてみてください。

1:iphoneを高価買取してもらう3つの方法

購入金額が高いiPhoneだからこそ、売るときもできるだけ高価買取を狙いたいところです。

そこでiPhoneを高価買取してもらう3つの方法をご紹介します。

1-1:付属品を揃える

iPhoneを購入した時に付属されているイヤホン、ACアダプタ、充電ケーブル、マニュアル等が全て揃っていることで買取価格はアップします。

さらに、未使用であるならさらに高価買取が期待できます。

初めから買取前提でiPhoneを使うなら、付属品は使わず保管しておくことをオススメします。

1-2:綺麗にクリーニングする

iPhone本体の傷、汚れ、へこみは減額対象になります。

拭き取るだけで取れそうな汚れは、査定に出す前に綺麗にしておくと状態がいいと判断され買取価格アップに繋がります。

一緒に充電ケーブルなどの付属品も綺麗にしておくとさらに印象がよくなります。

画面割れやへこみ等は修理する費用が買取価格と比べてマイナスにならないか、買取査定額と修理見積もりを確認するようにしましょう。

1-3:新作が発売される前に売る

新作の発売後1〜2ヶ月は、旧機種の買取価格が下落するというデータもあります。

その後徐々に持ち直していく傾向にはありますが、新作発売前の買取価格に戻る確証はありません。

そのため買取に出す場合はできるだけ早く、新作が発売される前がベストなタイミングです。

2:iPhoneを売る前に!5つの事前準備

iPhoneを売る前にきちんと個人情報やデータを削除しておかないと、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

iPhoneは単にリセットするだけではデータを完全に消去することはできません。

スムーズにiPhoneの中にある個人情報やデータを削除できるように手順をまとめたので、実際にiPhoneを操作しながらやってみてくださいね。

2-1:「iPhoneを探す」機能のオフ

「iPhoneを探す」機能がオンになっていると、初期化したとしても次に使う人が新規サインインする際にあなたのApple IDが必要になってしまいます。

買取不可となる場合もあるので、まずは「iPhoneを探す」機能をオフにしておきましょう。

ちなみにiCloudをサインアウトすれば「探す」も自動的にオフになります。

「iPhoneを探す」機能をオフにする方法

  1. 「設定」 >「ユーザ名」 >「探す(iPhoneを探す)」を選択
  2. 「iPhoneを探す」 >「iPhoneを探す」をオフにする
  3. パスワード入力画面でApple IDとパスワードを入力し、右上の「オフにする」を選択して完了

2-2:ネットワーク利用制限の確認

ネットワーク利用制限の確認とは簡単に言うと「iPhoneの本体代金の支払いに関する確認」です。

不正利用を防ぐための機能で、本体代金が未完済の場合買取金額から減額されることがあります。

またネットワーク利用制限がかけられた端末は「赤ロム」と呼ばれ、多くの買取店舗が買取不可としているので注意が必要です。

ネットワーク利用制限の確認は本体をリセットする前にしておきましょう。

ネットワーク利用制限の確認をする方法

  1. 「設定」>「一般」>「情報」を選択
  2. 「IMEI(15桁の数字)」が製造番号なのでコピーしておく
  3. 各キャリアのネットワーク利用制限確認サイト(下記参照)で確認する

各キャリアのネットワーク利用制限確認サイト一覧

ドコモ:http://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/top.php

au:https://my.au.com/cmn/WCV009001/WCE009001.hc

UQモバイル:https://uq-communications.jp/nw-restriction/

ワイモバイル:https://ct11.my.softbank.jp/WBF/icv

楽天モバイル:https://network.mobile.rakuten.co.jp/restriction/

mineo:https://my.mineo.jp/info/GNS010101GNS010101_Init.action

2-3:iCloudからログアウト

ここからがiPhoneの初期化(リセット)の作業になります。

まずはiCloudからログアウトしましょう。

事前にバックアップすることを忘れないでくださいね。

iCloudからログアウトする方法

  1. 「設定」 >「ユーザー名(10.2 以前は「iCloud」)」 >最下部の「サインアウト(iOS7以前はアカウントを削除)」を選択※「iPhoneを探す」機能をオフにしていない場合は、ここでApple IDを入力しオフにします。
  2. 右上「サインアウト」を選択
  3. 最終確認されるので「サインアウト」を選択
  4. iCloudの項目に「example@icloud.com」や「サインイン」が表示されていれば完了

2-4:本体の初期化(リセット)

つづいてiPhone本体を初期化(リセット)します。

iPhone本体の初期化(リセット)方法

  1. 「設定」 >「一般」 >最下部の「リセット」を選択
  2. 「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択
  3. 「iPhoneを消去」を選択
  4. 再度「iPhoneを消去」を選択
  5. 画面上に「こんにちは」が表示されていれば完了

2-5:SIMカードを抜く

買取に出す前にSIMカードを抜いておきましょう。

特に宅配買取の場合、SIMカードを挿したまま送ってしまうと業者によってはiPhoneごと返却されることもあり、二度手間になってしまいます。

SIMピンはiPhone購入時の箱に同封されていますが、ゼムクリップでも代用可能です。

SIMカードの抜き方

  1. SIMピンを本体側面のSIMトレイ横の穴に挿入する
  2. SIMトレイを引き出し、SIMカードを取り出す
  3. SIMトレイを戻す

eSIMを利用している場合はeSIMの削除が必要です。

  1. 「設定」>「モバイル通信」または「モバイルデータ通信」を選択
  2. 消去するプランを選択
  3. 「eSIM を削除」を選択し完了

3:iPhone買取!安心できる業者5選

iPhoneを売る状態にできたら、あとは買取業者選びです。

iPhoneの買取実績が豊富で安心して買取にだせる業者を5社厳選しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

3-1:とらのこ

とらのこは、現在Apple製品を強化買取中の買取業者です。

iPhoneの買取実績も豊富で、さらにiPhoneだけでなく他のApple製品を一緒に売ると買取価格UPしてくれます。

買取方法も「出張買取」「宅配買取」「店頭買取」から選べるので、ぜひこの機会にとらのこで買取査定してみることをオススメします。

3-2:イオシス

イオシスは買取から販売までを一貫して自社で行っている、携帯電話やタブレット端末専門の買取業者です。

そのため無駄な費用を削減しているからこそできる高価買取を実現してきました。

専門の買取業者だからこその安心感と豊富な知識で、iPhoneを納得いく価格で買取してくれますよ。

3-3:スマートバイヤー

スマートバイヤーは「傷があっても付属品がなくても減額なし」を掲げている買取業者です。

さらに送料やキャンセル料なども無料なので、他社で減額されたiPhoneでも一度スマートバイヤーで査定してみる価値はありますよ。

3-4:ゲオの買取

ゲオは、全国1,100店舗を展開しているだけでなく宅配買取にも対応しています。

買取の大手企業ということで、安心感は抜群です。

また買取のときの送料や査定料・手数料などは一切かからないので、気軽に査定に出せますよ。

3-5:じゃんぱら

じゃんぱらは年間50万件の買取実績を誇っており、名前を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか?

公式ホームページでは各種iPhoneの買取価格表を一覧で見ることができます。

自分のiPhoneがどのくらいで売れそうか一目で分かるので、一度確認してみてはいかがでしょうか。

まとめ

高価買取が狙えるiPhoneだからこそ、少しのコツが買取価格アップに繋がります。

またiPhone強化買取中の買取業者など、業者選びも重要になってきます。

ぜひこの記事を参考にして、高価買取を狙いましょう!

iPhoneの買取なら、とらのこ

とらのこでは、iPhoneを高価買取いたしております。