グッチのクラッチバッグの買取相場!高く売るコツや買取業者紹介

グッチ(GUCCI)は20世紀初頭にイタリアで発祥した高級ブランドです。

日本国内の百貨店でも多く取り扱われており、世界的な知名度も高いです。

高級皮革製品の会社として創業し、これまでにさまざまなアイテムを手がけています。

かつては上流階級を中心に皮革製品を生産していましたが、最近では若者のファッションにも注力しています。

今回は、以下の内容でお送りします。


  • グッチ(GUCCI)クラッチバッグの買取相場
  • クラッチバッグを高く売るための3つのコツ
  • おすすめ!グッチ買取業者3選

グッチのクラッチバッグに特化した内容になっています。

これからグッチのクラッチバッグを手放す予定の人は、ぜひ参考にしてください。

関連記事:グッチのボディバッグ買取相場一覧と高く売るための3つのコツ

1:グッチ(GUCCI)クラッチバッグの買取相場

グッチ 相場

クラッチバッグとは、肩ひものついていない小型のハンドバッグのことです。

トートバッグのような大きいバッグに入れて持ち運ぶこともあるため、セカンドバッグとも呼ばれます。

持ち手が付いていないため、抱え込んだり、握りこむようにして持つことが多いです。

グッチでは、さまざまなデザインのクラッチバッグを手がけています。

そこでグッチのクラッチバッグの買取相場についてまとめてみました。

関連記事:グッチのウエストバッグの買取相場一覧と3つのポイント

グッチ ポートフォリオ ロゴプリント クラッチバッグ

レトロな雰囲気があるロゴデザインがプリントされたグッチのクラッチバッグです。

A4サイズが楽に入るサイズのため、普段使いしやすいです。

ビジネスシーンでも活躍しやすい、使い勝手のいいクラッチバッグです。

ポートフォリオ ロゴプリント クラッチバッグの買取相場は25,000~30,000円ほどです。

グッチ GGスプリーム クラッチバッグ

グッチを象徴するGGスプリームキャンバスを使用したクラッチバッグです。

手に持ちやすいサイズ感と、いろいろなシチュエーションに合わせやすいカラーで、オンオフ問わずどんなところでも使いやすいです。

内装はポケットひとつと、とてもシンプルな作りになっており、使い勝手の良さも魅力です。

GGスプリーム クラッチバッグの買取相場は25,000~30,000円ほどです。

グッチ グッチシマ クラッチバッグ カーフ

グッチの高級ライン、グッチシマのシンプルなスクエアフォルムのクラッチバッグです。

すっきりとしたフォルムながらも華やかなカラーのため、パーティーやデートなどでも使いやすいです。

内装はファスナーポケットがひとつあるだけで、さまざまなシーンで活躍できます。

グッチシマ クラッチバッグ カーフの買取相場は50,000~53,000円ほどです。

グッチ セカンドバッグ GG柄

一目でグッチだとわかるGGパターンモチーフをプリントしたセカンドバッグです。

内装にはカードポケットやファスナーポケットが配置されており、少ない荷物で出かけられます。

シンプルなフォルムで使いやすい作りになっているため、世代を問わずどんな人でも扱いやすいです。

セカンドバッグ GG柄の買取相場は25,000~30,000円ほどです。

2:クラッチバッグを高く売るための3つのコツ

グッチ クラッチバッグ

クラッチバッグはちょっとしたコツを抑えておくだけで高く売れる可能性がアップします。

そこでここからは、クラッチバッグを高く売るためのコツを3つ紹介します。


  • クラッチバッグの状態を整える
  • 付属品も一緒に査定に出す
  • 複数の買取業者に査定を依頼する

クラッチバッグをできるだけ高く売りたい人は、ぜひチェックしてください。

関連記事:グッチの高価買取してもらえる人気商品と高く売る為の5つのポイント

クラッチバッグの状態を整える

査定する前にできるだけクラッチバッグの状態を整えておきましょう。クラッチバッグに限らず、買取に出すアイテムは、できるだけきれいにしたほうが査定がよくなりやすいです。中古品の場合、状態がきれいなほうが需要が高くなるため、査定が高くなる傾向にあります。

バッグの表面が汚れている場合は、乾いた布で拭き取ったり中性洗剤を含ませた布で汚れを落としましょう。軽い汚れは、拭き取るだけでもだいぶきれいになります。バッグの内側にあるホコリは掃除機で吸い取っておきましょう。

バッグは使用者のニオイがつきやすいです。ニオイが残っていると使用感が出てしまい、査定額が下がる恐れがあります。とくにタバコや香水のニオイは残りやすいため、査定前に風通しのいい日陰に干したり防臭剤を使ったりしてニオイを取っておきましょう。

付属品も一緒に査定に出す

クラッチバッグを査定に出すときは、購入時の付属品も一緒にそろえて出しましょう。付属品があることで、中古市場での価値が上がり、買取価格もアップしやすくなります。

グッチのようなブランド品は、偽物やコピー品も多いです。保証書ギャランティーカードなどがあれば、そのアイテムが本物だという証明にもなるため、欲しがる業者も多いです。

他にも商品が入っていた箱やショッパー(ショッピングバッグ)などが捨てずに残っているならば、査定の際に一緒に出すことで高値がつきやすくなります。

複数の業者に査定してもらう

クラッチバッグを売る際は、複数の買取業者に査定してもらいましょう。1店舗ではなく、複数店舗に査定に出すことで相場価格を知ることができますし、その中から一番高く売れるところを選ぶこともできます。

買取実績が豊富であったり、知識・経験が豊富な査定士が在籍している買取店だと、正確な価値を見極めてくれます。

グッチのようなブランド品は買取業者によって査定額に差が出ることも多いため、必ず一社だけではなく、複数のところに査定してもらうのがおすすめです。

3:おすすめ!グッチ買取業者3選

グッチのような人気ブランドは買取業者によって査定額に違いが出ることもよくあります。

また買取店によっては、さまざまなキャンペーンを開催しているため、タイミングがあえば普段よりも高く売れる可能性が高いです。

まとめ買いで査定額がアップする業者もあるため、高く売れる方法がないかどうか必ずチェックしておきましょう。

どこで売っていいかわからない人のために、おすすめのグッチ買取業者を3つ紹介します。

  • ブランド買取とらのこ
  • コメ兵
  • 大黒屋

まだどこで売るか決まっていない人は、ぜひ参考にしてください。

弊社ブランド買取とらのこは、グッチの買取を強化中です。

不要なグッチのクラッチバッグの買取は、とらのこにお任せください。

関連記事:グッチの高価買取してもらえる人気商品と高く売る為の5つのポイント

とらのこ

とらのこブランド買取とらのこは、グッチをはじめとしたさまざまなブランド品を高価買取している出張買取業者です。

グッチに対しての知識・経験が豊富な鑑定士が多数在籍しているため、安く買い叩かれるような心配がありません。

グッチの買取も積極的に行っており、これまでの買取実績はホームページに掲載されています。

どのくらいの値段で買い取ってもらえるのか、ぜひホームページをチェックしてみてください。

グッチを売るなら「とらのこ」

コメ兵

コメ兵

コメ兵は創業から75年以上も続いているブランド品買取店です。

360人以上の専門鑑定士が在籍しており、グッチに対する知識が豊富な鑑定士もたくさんいます。

手数料や査定費用はすべて無料になっているため、まずはどのくらいの価格になるのか査定を依頼してみましょう。

大黒屋

大黒屋大黒屋は全国に240ヶ所に店舗を構える大手の買取業者です。

店舗買取・宅配買取・出張買取の3つの買取方法が用意されており、自分の都合がいい方法でグッチのアイテムを売ることができます。

宅配買取の場合、無料の梱包キットがもらえるため、自分で用意する手間が省けます。

まとめ

グッチではバッグや財布だけでなく、時計や香水、帽子などさまざまなアイテムを手がけています。

グッチは中古市場でも人気があるため、クラッチバッグも高く売れることが多いです。

使っていないグッチのクラッチバッグを持っている人は、試しに一度査定してみてはいかがでしょうか。

グッチを売るなら「とらのこ」

グッチの買取なら、とらのこ

とらのこでは、グッチを高価買取いたしております。