レコード売るなら出張買取で!おすすめ業者3選と買取相場を大公開

大量にあるレコードを売りたいけど、運ぶのが大変。

1枚ではなんともないレコードも10枚、20枚と増えていくと重くて運び出すのも難しくなりますよね。だからといって何回も往復してショップに売りにいくのは手間がかかるし、なにかいい方法はないのでしょうか。そんなレコードは出張買取で売ってみましょう。自宅にいるだけで不用な品を買い取ってくれる便利なサービスです。

今回は以下の内容でお送りします。

  • おすすめ出張買取業者
  • 高額買取されるレコードのジャンル
  • レコードの高額買取を狙うコツ
  • 買取不可なレコードの特徴

この記事を読めば、レコードの出張買取方法や、レコードを高く売るためのコツを知ることができます。最後までご覧ください。

〈関連記事〉ぬいぐるみを出張買取で売りませんか?おすすめ業者3選と買取相場

1. レコード売るならココ!おすすめ出張買取業者3選

特に多くのレコードをまとめて売るなら出張買取がおすすめです。運び出す必要もないので、手軽に取引を行うことができます。数多くの出張買取業者があるなかで、今回はレコードを売るのに最適な業者を3つに選んでご紹介します。

  • とらのこ
  • ディスクユニオン
  • 出張買取24時

1-1. とらのこ

とらのこ

とらのこは、全国での出張買取に対応しています。

親しみやすい接客と、柔軟な対応が人気の買取業者です。

双方のスケジュールさえあえば、なんと即日出張買取対応してくれます。

独自の豊富な販路を持っているため、あらゆる品物の買取ができるのです。

出張料」「査定料」「キャンセル料」など全て無料で行っているため、お客様の負担は一切ありません。

女性の査定士が多く在籍しているため、1人暮らしの女性や主婦でも、安心して利用することができます。

1-2. ディスクユニオン

ディスクユニオンは、首都圏を中心に音楽CDレコードを専門とするチェーン店を展開する起業です。

専門の知識をもつ鑑定士がいるため、1枚1枚丁寧に査定を行ってくれます。高額な価値がつくとご自身で判断したレコードをお持ちの場は利用しましょう。

1-3. 出張買取24時

出張買取24時は、その名の通り24時間対応している出張買取業者です。

どんな時間、時期、場所でも対応してくれるので、どんなに忙しい方でも利用しやすくなっています。

独自の販売経路により、業界内でも特に幅広い品物の買取が可能です。

2. レコードの買取相場

デジタルで音楽を聞くことが主流になった今の時代に、レコードの価値はあるのでしょうか。最近では、レコードの需要が徐々に増えています。これまで価値のつかなかったものでも、価格が上がっていたり、今後急激に価値が上がっていく可能性はあります。レコードの処分方法に迷っても決してゴミとして廃棄することはやめましょう。レコードの買取相場について見ていきます。

基本的にレコードは安いもので10円、プレミア値がつくもので1万円を余裕で超えます。盤の状態にもよりますが、希少価値のあるものであれば高額買取を狙うことができるのです。また、大量のレコードをまとめて売ることによっても買取額はUPします。

〈関連記事〉家電の出張買取【即日対応可能】おすすめ業者5選+高く売れる裏ワザ

3. ジャンル別!高額で買取されるレコードTOP3

同じレコードとはいっても、曲のジャンルや曲そのものによって価値は違います。市場にあまり出回っていない希少な盤と、市場によく出回っている盤では大きな価格の変化があるのです。レアものでないと売れないということはありません。そこで、より高額を狙いやすいジャンルをランキングで見ていきましょう。

  • ロック
  • ジャズ
  • シティポップ

3-1. ロック

第1位はロックです。国外のロックは根強い人気があります。中古市場でも常に求めているファンが多いので、高額で買取がされやすいです。オリジナル盤がほしい方も多くいますが、実は国内盤も同じように需要があります。レコードについてくる帯は日本だけの文化であり、珍しいことから海外の人から人気です。

3-2. ジャズ

第2位はジャズです。レコードで聞けるジャズは音に深みがあり、他のジャンルに比べて人気が高くなっています。ジャズのレコードを出している有名レーベルのBLUE NOTEは、比較的の値段がつきやすく、オリジナル盤は高額で買取されやすいでしょう。

3-3. シティポップ

第3位はシティポップです。「1980年代に流行した都会っぽい雰囲気の音楽」がシティポップになります。ネットが普及したことによって様々なジャンルの音楽を手軽に聞けるようになったことから、海外のDJが日本のシティポップに注目し話題となりました。シティポップの代表アーティストといえば、大滝詠一山下達郎竹内まりや大貫妙子松任谷由実などがあげられます。数年前まで買取価格が低かったレコードも、現在では価値が上昇しているでしょう。

4. レコードを高く売る2つのコツ

FC メリット

せっかく売るのであれば、できるだけ高い値段で買い取ってほしい!誰もがそう感じるはずです。そこで、レコードをより高く売るコツを2つご紹介します。

  • きれいな状態にしておく
  • 付属品をそろえる

4-1. きれいな状態にしておく

レコードに限らず、中古の商品を売る場合は新品未使用品に近いほど買取価格は上がります。そのため、盤やジャケットの汚れホコリを拭きとるなどしてできるだけきれいな状態で買取に出しましょう。

4-2. 付属品をそろえる

盤やジャケットが良い状態であるうえに、歌詞カードなどの付属品の有無で買取価格は大きく変わります。LP盤の場合は帯の有無が重要です。帯がついているだけで数百円ほど高い値段がつくでしょう。歌詞カードが同封しているものであれば、折れ目や破れ、汚れなどがついていない商品は高額買取が期待できます。

5. 要注意!買取不可なレコードの3つの特徴

レコードのなかには商品として再販できないものもあります。そのため、なかには買取を拒否されるレコードもあるでしょう。売る前に確認したい買取NGと判断されやすいレコードの特徴を3つご紹介します。

  • カビや汚れがひどい
  • 壊れている
  • 単価が安すぎる

5-1. カビや汚れがひどい

盤に傷がない状態であっても、カビ汚れがひどく残った商品は、買取を拒否されることが多くあります。きれいに拭いても汚れが残ってしまう場合はほとんど価値がつかないものだと思ってもらってかまいません。今後売りたいレコードがあれば、保管環境にはしっかりと気をくばることが大切です。

5-2. 壊れている

再生ができない、もしくは盤にがついており音がとんでしまうレコードは基本的に買取が不可となっています。また、盤が正常な状態に比べて反れていたり曲がってしまっているものも買取は難しいです。

5-3. 単価が安すぎる

レコードのジャンルや希少度によって買取価格は大きく変化すると紹介しましたが、そのなかでも単価が安すぎるものには値段をつけることができません。中古で買ったレコードなどはほとんど価値がないでしょう。そういった商品を捨てることは簡単ですが、できるだけ他人に譲るなどして処分するようにしてください。

〈関連記事〉【出張買取業者10社比較】出張買取のメリット+優良業者の見分け方

まとめ

いかがでしたか。レコードの出張買取の際に利用したい業者や、レコードを高く売るためのコツ等をご紹介しました。大量に売りたい商品がある場合は、ぜひ弊社とらのこをご検討ください。レコードだけでなく、その他に処分したい不用品があればまとめての買取が可能です。まずはお気軽にご相談ください。

レコードの買取なら、とらのこ

とらのこでは、レコードを高価買取いたしております。