オルガンは出張買取で売るのが便利!おすすめの出張買取業者5社紹介

『家に使っていないオルガンがあるけどどう処分していいのか分からない』、『売ってお金になれば嬉しいけどオルガンは売れるのだろうか?』

この記事を読んでいるということはそんな疑問をお持ちなのではないでしょうか?

まず結論を言ってしまえば、オルガンは多くの場合買い取ってもらう事が可能です。

そこで今回は、買取方法や高く売る為の3つのコツをご紹介します。

1:おすすめ!オルガンの高価買取業者5選

買取をしてくれる業者の数も少なくはなく、特に条件を考慮せずに売ろうとすれば簡単に業者が見つかるでしょう。

ただ、それぞれの業者には特色があるため、自分の持っているオルガンを少しでも高く売りたいと考えた場合は自分のオルガンに合った好条件の買取業者を選択する必要があります。

  • とらのこ
  • 楽器高く売れるドットコム
  • 買取ランド
  • トレードマニア
  • 片付け110番

ここでは、特徴に簡単に触れながら上記オススメの高価買取業者を5つ、紹介します。

1-1:とらのこ

相場把握のためのリサーチは脱帽するレベルの『とらのこ』。

豊富な販売ルートから最も高い販売先を剪定することで高価買取を実現しており、様々なジャンルの商品を高値で買い取ってもらえます。

オルガンについても例外ではなく、丁寧な査定から満足のいく価格を提示してもらえるでしょう。

1-2:楽器高く売れるドットコム

全国10店舗展開で、どこに住んでいてもスタッフがすぐに足を運んでくれる『楽器高く売れるドットコム』。

最短で当日集荷も可能です。

その名の通り様々な楽器を取り扱っているため、楽器の処分に困った際は相談してみるといいかも知れません。

1-3:買取ランド

他店より1円でも安ければ再査定!と、買取価格には絶対の自信を持っている『買取ランド』。

他の買取業者での査定価格に納得できなかったら相談してみましょう。

もしかしたら思わぬ高値買取が実現する可能性も。

1-4:トレードマニア

劣化やパーツ欠品等があって値段が付くか不安な楽器に対しても太っ腹な対応をしてくれる『トレードマニア』。

オルガンの傷、汚れ、色あせ等があり買取を諦めようか悩んでいる方はまず『トレードマニア』に相談してみましょう。

1-5:片付け110番

お客様満足度98%、相談実績は80万件を超える『片付け110番』。

7年以上の実績は信頼の証とも言えます。

対応が丁寧、という点が高い満足度に直結しているのでしょう。

立会不要部屋からの搬出・階段積み下ろし等に対応していておすすめです。

販売ルートも国内外に多数確保しているため査定価格も期待できます。

2:出張買取がおすすめ!オルガンを売る3つの方法

オルガンの買取を検討する場合、方法は大きく分けて3つです。

  • 出張買取
  • 宅配買取
  • 店頭買取

オルガンの買取を検討する場合、サイズや重量を考えると店頭へ持ちこむのはひと苦労。

また、自分で包装するという作業も楽ではないでしょう。ものによってはデリケートな構造になっているものも多いため、万が一搬送中に傷がついたり故障してしまったとなれば査定価格にも影響します。そういった事情を鑑みると、オルガン買取の場合は出張買取をお願いするのが最も適した選択肢であると言えるでしょう。

ここではそれぞれの方法について、メリットやデメリットについても触れながら説明します。

2-1:出張買取

出張買取は、鑑定士が自宅を訪れ商品の査定を行う方法です。

出張費や鑑定費は無料にしている業者が多く、その場合、査定額に納得いかなかければ料金を支払う必要はありません。大抵の場合は自宅の玄関で査定を行い、査定額に納得して買取を了承すればその場で買取料金を受け取ることができます。

査定価格について直接質問も出来るため、納得して取引できることが多いでしょう。

2-2:宅配買取

宅配買取は、梱包用の段ボールと緩衝材を使用して売りたい品物を自分で包装し、集荷担当者に渡す方法です。

宅配買取を行っている業者であれば宅配キットを郵送してくれるケースが多いですが、中には段ボールや緩衝材をこちらで準備しなければならないケースもあるため注意しましょう。

また、もし買取不可の品物であった場合は着払いで返却されてしまう可能性があります。取引終了後に入金されるまでの時間がやや長いといった点も、人によってはデメリットと感じるかも知れません。

2-3:店頭買取

店頭買取は、直接店舗に商品を持ち込み査定してもらう方法です。

飛び込みで持ち込んでも査定してくれる場合が多いですが、あらかじめ電話で予約をしてから店舗に足を運んだ方がスムーズに査定が進むでしょう。店頭買取は自分で店舗に商品を持ち込む必要があるため、サイズや重量によってはかなり重労働になる場合があります。

3:オルガンを高く売る!3つのコツ

金額 ポイントいざオルガンを売るとなれば、1円でも高く売りたいと考えるもの。

  • 少しでもきれいな状態にしておく
  • 付属品やケースを揃えておく
  • 思い立ったら1日でも早く売る

ここでは、少しでもオルガンを高値で買い取ってもらうために手軽に出来るちょっとした3つのコツについてお話します。

3-1:少しでもきれいな状態にしておく

汚れを落としきれいな状態にしておくというのは重要なポイントのひとつ。

もう売ってしまうものだからと汚れをそのままにして査定をすると、査定価格に影響が出る可能性があります。

傷等は自分で補修するのが難しいケースが多いため無理をする必要はありませんが、汚れに関しては出来るだけしっかり落としてから査定に臨むようにしましょう。同様に、可能であれば自分で出来る範囲で構いませんので調律などのメンテナンスも行えると◎。

メンテナンスが行き届いた楽器は多少古くても音の劣化が少ないため、高値で買い取ってもらえます。

3-2:付属品やケースを揃えておく

購入時にあった付属品やケースは出来るだけ全て揃えておきましょう。

  • 調律器具
  • ピアノカバー
  • 椅子
  • 補助ペダル
  • ピアノ移動機
  • ヘッドフォン
  • 消音装置
  • クリーナー
  • チューナー
  • メトロノーム
  • インシューター

これらは一つ欠けるだけでも査定価格に影響がありますが、逆に全て揃っていると思った以上に高価格で引き取ってくれる可能性があります。

3-3:思い立ったら1日でも早く売る

オルガンは、使用しない期間が長くなると劣化がすすみやすくなっていきます。

売ろうかどうしようかと迷っているうちに査定価格がどんどん下がっていくのは非常にもったいないと言わざるを得ません。

思い立ったら吉日。思い出の詰まった愛用のオルガンを手放すのは後ろ髪を引かれる思いもあるかと思いますが、使わなくなったのであれば劣化がすすむ前に売りに出すのがオルガンのためにもなります。

まとめ

長年使ってきた愛着のあるオルガンであれば、ついつい売らずに手元に置いておこうと考える方も実は少なくありません。

また、大きな楽器ゆえに処分が面倒だからとそのままにしている方もいるでしょう。

しかし、オルガンの事を考えたら少しでも劣化がすすむ前に買い取ってもらうべきです。そして、出張買取という方法で買い取ってもらうことで貴方が考えているよりずっと手間や労力をかけることなく買い取ってもらうことができます。

もちろん、査定価格に満足いかなければ買取をキャンセルすることも出来ますので、まずは買取業者に査定をお願いしてみてはいかがでしょうか?特に、出張買取に力を入れている業者は対応や査定にも慣れているためスムーズに取引を進められるはずです。

いかがでしたか?是非本記事の知識を参考にしながら、より高値で手軽に貴方のオルガンを買取ってくれる業者を探して頂けたらと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。