着物のおすすめ出張買取業者3選!高額の価値がつく着物はズバリ○○

押し入れに眠っている着物をどうやって売ればいいか分からない。

なかなか着る機会も少なく、保管も難しくなってしまった着物を売りにだすには少し勇気がいりますよね。そんな心配は無用です。持ち運びが難しい着物は出張買取で売ってみませんか。自宅にいるだけで鑑定士が訪問して査定を行ってくれます。その日のうちに支払いも終わるので、スピーディでとても便利なサービスです。

今回は以下の内容でお送りします。

  • 着物のおすすめ出張買取業者
  • 着物の買取相場
  • 高額買取される着物
  • 高額買取される無名ブランドの特徴
  • 着物をより高く売るためのポイント

この記事を読めば、不用になった着物を簡単に売る方法や、より高額で売るためのコツを知ることができます。それではさっそく見ていきましょう。

〈関連記事〉工具を売るなら出張買取!3つのおすすめ業者と高く売る4つのコツ

1. 着物を高額買取している出張買取業者3選

着物を出張買取で売ると決めれば、次は出張買取の業者選びをしていきましょう。数多くある業者のなかで、今回はおすすめしたい3つを選び抜きました。

  • とらのこ
  • 福ちゃん
  • ザ・ゴールド

1-1. とらのこ

とらのこ

とらのこは、全国での出張買取に対応しています。

親しみやすい接客と、柔軟な対応が人気の買取業者です。

双方のスケジュールさえあえば、なんと即日出張買取対応してくれます。

独自の豊富な販路を持っているため、あらゆる品物の買取ができるのです。

出張料」「査定料」「キャンセル料」など全て無料で行っているため、お客様の負担は一切ありません。

女性の査定士が多く在籍しているため、1人暮らしの女性や主婦でも、安心して利用することができます。

1-2. 福ちゃん

福ちゃん

福ちゃんは、着物・切手・骨董品・食器などの買取を専門にしている業者です。

買取成立時に出張料査定料振込手数料といった手数料は一切かかりません。出張買取だけでなく、遺品整理などにも対応しています。

1-3. ザ・ゴールド

THE GOLD

株式会社マックスガイが運営する買取査定サービスです。生前整理遺品整理にも対応しています。さらに骨董品や着物、陶器、仏具等の専門的な鑑定が必要な物品でも、専門の査定士が在籍しているため、間違いのない価格での買取が可能です。社員の対応の良さも好評です。出張料・査定料はもちろん、キャンセル料まで完全無料なので、気軽に査定をお願いすることができます。

2. 着物っていくらで売れる?買取相場

着物って高価なものだけど、中古となればいくらほどで取引されているのか気になりますよね。もしや、大切な家族の形見などの着物であればなおさら安い値段で買取するには無理があります。ここでは、多くの方がお持ちであろう、訪問着・留袖・振袖の3つに分けてそれぞれの買取相場を見ていきます。

  • 訪問着
  • 留袖
  • 振袖

2-1. 訪問着

結婚式や食事会など晴れやかな場所で着用できる訪問着は、留袖に続く準礼装(セミフォーマル)から略礼装に位置付けられています。ノーブランドに一般的な訪問着の買取相場は、2万円前後です。有名なものや希少なものは、3万円から10万円前後で取引されます。

2-2. 留袖

人間国宝や有名作家が手掛けた留袖、伝統工芸品と認定されるような、有名産地の留袖の場合、一枚で10万円以上の買取価格がつくこともあります。作家ものではない黒留袖や色留袖の場合は、状態や着丈、裄丈にもよりますが、だいたい1,000~3,000円程度、場合によっては数万円になることもあるでしょう。

2-3. 振袖

状態にもよりますが、格式が高く市場の需要のある振袖は、一般の着物の相場より少し高い10,000円〜40,000円が1つの目安になるでしょう。有名作家が手掛けた振袖は、20万円ほどの価値がつくこともあります。

3. 高額で買取される3つの高級着物

無名ブランドだとなかなか価値のつきにくい着物ですが、ここでは高級ブランドのなかでもさらに高額で取引されやすい着物を3つご紹介します。

  • 大島紬
  • 京友禅・加賀友禅
  • 江戸小紋

〈関連記事〉あなたの家の食器棚はいくらで売れる?出張買取おすすめ業者3選

3-1. 大島紬

大島紬1300年の歴史がある日本を代表する絹織物であり、着物好きなら一度は聞いたことがある高級着物です。素材には絹が100%使用されており、泥染めという染色方法を用いることで、絹の美しさがさらに際立っています。そして大島紬は世界三大織物に数えられ、厳しい検査や審査に合格して販売されます。

3-2. 京友禅・加賀友禅

京都の伝統工芸品の京友禅、石川の伝統工芸品の加賀友禅の見た目はとても似ていますが、雰囲気に違いがあります。京友禅は水玉模様や唐草模様などの模様が用いられることが多く、加賀友禅は主に植物などの写実的な文様が使用されます。「友禅」は工程のすべてが職人の手作業で行なわれるため、高級着物として扱われており、買い取りの際も高値で取引されます。

3-3. 江戸小紋

江戸小紋の歴史の始まりは江戸時代で、武士の礼装である裃に使用されました。江戸小紋は遠目では無地に見えるほどの細かい文様が特徴の着物で、現在では経済産業省から伝統的工芸品に指定されています。

文様によって買い取りにも差があり、江戸小紋の中でも裃小紋と呼ばれるものは高値で取引されます。

4. 高額で買取される無名着物の3つの特徴

有名作家が手がける着物と無名の着物では買取価格が大幅に変わります。あまり高額買取が期待できない無名着物のなかでも、より高めに取引される着物もあるのです。ここでは、そんな無名着物でも高額で買取されやすいものの特徴を3つご紹介します。

  • アンティーク着物
  • 長い丈の着物
  • 人気の柄が施されている着物

4-1. アンティーク着物

アンティーク着物とは、大正時代から昭和初期(戦前)に作られた状態の良い着物のことです。現代の着物にはあまりないような独創的なデザインや技法などが特徴で、西洋の趣があるものもあります。帽子やブーツと合わせたりと、独自のコーディネートを楽しむ人たちにとって需要があります。

4-2. 長い丈の着物

着物は長い丈であるほど再販時の買い手の幅が広がるため、短い丈のものよりは高値が付きやすいです。自分の身長に合わせたときに、丈の長い着物は詰めれば問題ないですが、丈が短い場合は調整がしづらいです。短い丈のものは買取が難しくなる可能性があります。

4-3. 人気の柄が施されている着物

着物は、文様や柄によって人気度が異なり、人気が高いものほど買取額は上がりやすくなります。そのなかでもより人気の高いものというと、植物・自然現象の文様や動物モチーフの文様、季節を模した柄、割付文様などがあげられます。

5. 着物をより高く売るための3つのチェックポイント

お持ちの着物がだいたいどのくらいの値段で買取されているのか検討がついたかと思います。さらに高額で買取を行うために確認できるチェックポイントは3つです。少しの努力と工夫で買取価格が大きく上がる可能性があるため、時間に余裕がある方はしっかり確認の作業を行ってから買取の依頼をしましょう。

  • 着物の状態
  • 着物の素材
  • 証明書の有無

5-1. 着物の状態

中古のものを売るときは、なるべく新品に近い状態であればあるほど高額で買取がされやすいです。新品でなくても、汚れやシミがなかったり、きれいな状態で保管されていればそれなりの買取価格を期待できるでしょう。日頃からお手入れをしたり、売る前にきれいにしたりするのがおすすめです。

5-2. 着物の素材

着物は、正絹、麻、綿、ウール、ポリエルテルなどさまざまな素材が使われています。なかでも買取額が高くなりやすいのが正絹です。正絹の価値は重さで判断されるため、重いほど高額で取引されます。ブランドの着物や著名な作家のものでなくても、正絹の着物であればぜひ一度査定してもらいましょう。

また、高級麻織物として知られている上布は、軽く柔らかで風通しがよい素材のため、よく夏の着物に用いられます。ウール素材の着物は水に強いため普段着として人気が高いのですが、入手しやすく購入時の価格も比較的安価なため、買取価格も安くなります。ポリエステルなどの化学繊維の着物も同様です。

5-3. 証紙や証明書の有無

着物の品質を見極める判断材料として、証紙証明書があります。

高級着物やブランドの着物には必ずといっていいほどついている証紙と証明書は、素材や生地の織元などが記載されています。

また、染めの基準を満たしていることや、伝統工芸品であることなども証明するマークなどがついています。これらがあると着物が本物だという証明ができるので、買取価格も上がるでしょう。しかし、証明できるものがなくても詳しい専門の方が見れば、価値をしっかりと見抜いてくれるので高額買取を期待できます。

〈関連記事〉ベビーベッドの出張買取はココ!3つのおすすめ業者と高額買取のコツ

まとめ

いかがでしたか。着物の出張買取に関して有益な情報を共有しました。気になる業者がありましたら、まずは複数で買取依頼をしてみるのがおすすめです。対応の仕方、だいたいの買取額を知ることによってどこの業者に依頼するかを最終的に判断できます。まずはお問い合わせからどうぞ。

着物の買取なら、とらのこ

とらのこでは、着物を高価買取いたしております。