【2022年最新版】家電を高価買取している出張買取業者5社大公開

家電を効率よく買取ってもらいたい!

冷蔵庫や洗濯機などの大型家電だと、持ち運びが大変ですよね。

そのような場合には、出張買取を利用しましょう。

出張買取は、買取業者が自宅まで訪問し買取してくれます。

大きくて重い家電の持ち運びをしなくてもいいので、大変便利です。

家電を高価買取している、出張買取業者を5社ご紹介していきます。

せっかく売る家電です。どうせなら1円でも高く売りたいですよね。

少しでも高く売るためのポイントを、確認しておきましょう。

出張買取以外でも、家電の売却や処分は可能です。

出張買取の方法が合わない方は、後半の出張買取以外で家電を売る方法をご参考ください。

1:【2022年版】家電を高価買取している出張買取業者5選

家電 買取

家電を高価買取している、おすすめの出張買取業者を教えてほしい!

東京都で家電を高価買取している、出張買取業者を5つご紹介します。

出張料」「査定料」「キャンセル料」は、なんと無料です。

  • ブランド買取とらのこ
  • トレジャーファクトリー
  • セカンドストリート
  • 出張買取アシスト
  • リサイクルショップもぐランド

1社ずつ比較して、ご自身にあった買取業者を見つけてくださいね。

1-1:ブランド買取とらのこ

家電 とらのこ

1つ目の出張買取業者は、ブランド買取とらのこです。

ブランド買取とらのこは、親しみやすい接客高価買取の実績がある買取業者になります。

査定士の1人1人が、厳しい研修を経て査定士になっているため査定のレベルが高いです。

家電の買取は通常製造から10年未満のものを買取する買取業者が他半数ですが、ブランド買取とらのこでは製造年数に関わらずあらゆる家電の買取を行っています。

壊れて使えなくなった家電や、古いヴィンテージの家電まで買取可能です。

家電の他にも、あらゆる不用品の買取を行っています。

引っ越しと供に、不用品をまとめて売りたい!人にはぴったりの買取業者です。

売れないだろう・・とご自身で判断する前に、ぜひブランド買取とらのこに買取相談をしてみてはいかがでしょうか。

1-2:トレジャーファクトリー

家電 トレファク

2つ目の出張買取業者は、トレジャーファクトリーです。

トレジャーファクトリーは、全国に出張買取を対応しています。

家電の買取は、製造年数が10年以内の家電です。

トレジャーファクトリーでは、家電だけでなくあらゆる品物の買取を行っています。

また、トレジャーファクトリーは引っ越し業務を行っているのです。

引っ越しと同時に不用品の買取を行えるため、おすすめになります。

1-3:セカンドストリート

家電 セカスト

3つ目の出張買取業者は、セカンドストリートです。

全国展開しているリサイクルショップなので、1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

セカンドストリートは、家具家電のみ出張買取を行っています。

家電製品は、製造年数10年以内のものであれば買取可能です。

セカンドストリートは、市場価格調査を徹底しています。

その上全国店舗のデータを参考に、高価買取を実現している買取業者です。

1-4:出張買取アシスト

家電 アシスト

4つ目の出張買取業者は、出張買取アシストです。

出張買取アシストは、東京都と神奈川県を中心に出張買取を行っています。

家電の買取は、製造年数が5年以内の家電です。

国内有名メーカーや冷蔵庫などの大型商品は製造年数が5年以上の場合でも買取ができます。

WEB上の査定相談は、365日24時間受け付けており迅速な対応が人気です。

出張買取アシストも、買取品目が多いため一気に不用品を買取してもらいたい方にはおすすめな買取業者になります。

1-5:リサイクルショップもぐランド

家電 もぐランド

5つ目の出張買取業者は、リサイクルショップもぐランドです。

リサイクルショップもぐランドは、東京都を中心に出張買取を行っています。

東京都内であれば、即日対応可能な買取業者です。

これまでの買取依頼は、100万件を超える実績のある買取業者になります。

リサイクルショップもぐランドは、買取品数を増やすことで高価買取に繋げることが可能です。

家電だけでなくまとめて不用品を売りたい方には、ぴったりな買取業者になります。

以上5つの出張買取業者をご紹介しました。

ブランド買取とらのこは、家電の製造年数に関係なく買取をしてくれるためおすすめです。

家電の買取額を少しでもあげるための、5つの秘訣を紹介していきます。

2:必見!家電を少しでも高く売るための5つのポイント

家電を1円でも高く売りたい!

どうせ売るのであれば、1円でも高く売れたらラッキーですよね。

少しでも高く売って次に買う家電代の足しにしたり、引っ越し代の足しにしたりできます。

これから紹介する、5つのポイントを確認しておきましょう。

  • 製造年数に気を付ける
  • 売るタイミング
  • 掃除をしておく
  • 事前査定をしておく
  • 購入時の付属品を揃えておく

5つのポイントを確認して、高価買取に繋げていきましょう。

2-1:製造年数に気を付ける

ポイント 製造年数1つ目のポイントは、製造年数に気を付けることです。

1章でもご紹介した通り、家電の買取には製造年数が関係しています。

多くの買取業者が、製造年数が5~10年以内の家電の買取です。

製造年数が古ければ古いほど、高価買取には繋がりにくいでしょう。

家電は常に、新機能を搭載したモデルが発売されているのです。

売ると決めたら、なるべく早く売るようにしましょう。

2-2:売るタイミング

ポイント タイミング2つ目のポイントは、売るタイミングに気を付けることです。

家電の買取時期として、引っ越し時期の多い2~3月は高価買取の確率が増します。

また、季節もののヒーターや扇風機などの家電であればシーズン前が高価買取です。

冷房器具であれば5~6月、暖房器具であれば10~11月に売りましょう。

売るタイミングを見計らって買取をすることで、買取額が上がるのです。

2-3:掃除をしておく

ポイント 掃除3つ目のポイントは、掃除をしておくことです。

目立つ汚れやホコリは買取に出す前に、掃除をしておきましょう。

1番手っ取り早く、高価買取に繋げる方法です。

冷蔵庫や電子レンジなどは、匂いの除去もしておきましょう。

あくまでも掃除は、可能な範囲で行うことが重要です。

無理に掃除をして、キズを付けると査定額が下がってしまいます。

2-4:事前査定をしておく

ポイント 事前査定4つ目のポイントは、事前査定をしておくことです。

買取業者を依頼する際、初めから1つの買取業者に絞るのではなく数社に事前査定をしてもらいましょう。

買取業者によって、強い買取品目が分かれるのです。

1番高い査定額を出した買取業者を選択することで、高価買取に繋げることができます。

1章でご紹介した5つの出張買取業者すべてが、無料で事前査定を依頼することが可能です。

事前査定を行うことで、担当するスタッフの対応も判断できます。

事前査定を行い、接客の態度も良く査定力のある買取業者を選びましょう。

2-5:購入時の付属品を揃えておく

ポイント 付属品5つ目のポイントは、購入時の付属品を揃えておくことです。

取扱説明書や保証書があれば、一緒に売るようにしましょう。

リモコンやコードなどの付属品も、忘れてはいけません。

付属品があれば査定額が、数千円~数万円変わる可能性があります。

できるだけ購入時に近い状態で、付属品と一緒に買取してもらいましょう。

ここまで出張買取をおすすめしてきましたが、出張買取以外の方法でも家電の買取は可能です。

中々時間が作れない人や、他人を家にいれるのは抵抗がある人もいますよね。

そのような場合には、宅配買取がおすすめです。

3:【要確認】出張買取以外で家電を売る・処分する5つの方法

出張買取以外で、家電の買取はできる?

出張買取以外の方法でも、家電を売ることはできます。

中でも宅配買取を利用すれば、隙間時間に家電を売ることができおすすめです。

  • 宅配買取
  • 店舗買取
  • フリマアプリを使う
  • 友人・知人に売る
  • リサイクル法に従い処分する

以上5つの買取・処分方法を解説していきます。

3-1:宅配買取

宅配買取1つ目の買取方法は、宅配買取です。

宅配買取は、業者側に売る商品を郵送して買取をする方法になります。

宅配買取にかかる郵送代は業者側が負担してくれるため、気軽に利用することができるのです。

宅配に必要な梱包材も、業者側が用意してくれます。

宅配買取は出張買取とは違い、家に待機する必要がありません。

そのため忙しくて時間が作れない方も、隙間時間に梱包して発送し買取することが可能です。

しかし、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電の梱包は難しいですよね。

小型の家電を買取してもらうには、おすすめの買取方法になります。

3-2:店舗買取

店舗買取2つ目の買取方法は、店舗買取です。

店舗買取は宅配買取より更に早く、買取をすることができます。

店舗で査定を受け、当日に査定額を現金で受け取ることも可能です。

リサイクルショップが自宅付近にある場合は、おすすめの買取方法になります。

しかし車を所持していない場合は、持ち運びが大変です。

車をレンタルする費用や、駐車場代などの費用がかかります。

なにより、大型の家電の持ち運びには手間がかかりますよね。

3-3:フリマアプリを使う

フリマアプリ3つ目の買取方法は、フリマアプリを利用することです。

近年、スマートフォン1つで誰でも出品できるようになりました。

フリマアプリでは、家電を販売することも可能です。

家電の値段も自分自身で決められるので、満足のいく価格を設定できます。

しかし、確実に家電が売れるとは限りません。

売れるまでの時間がかかることや、梱包や買取者とのやり取りの手間もかかるのです。

3-4:友人・知人に売る

友人 買取4つ目の方法は、友人や知人に売る方法です。

友人や知人に売れば、気軽に売ることができます。

友人や知人であれば、自宅まで家電を取りに来てくれるかもしれません。

しかし、友人や知人が確実に家電を必要としている可能性は低いです。

また、友人や知人に高額で家電を売ることは難しいですよね。

3-5:リサイクル法に従い処分する

リサイクル法5つ目の方法は、リサイクル法に従い処分する方法です。

家電の製造年数が古ければ古いほど、家電の買取は困難だと解説しました。

万が一買取されなかった場合には、リサイクル法に従って処分しましょう。

エアコン・冷蔵庫/冷凍庫・洗濯機/乾燥機・テレビは、リサイクル法に従い比較的安く処分することが可能です。

エアコンであれば、1000円ほどで処分ができます。

小型の家電に至っては、小型家電リサイクル法に従い処分することが可能です。

買取に至らなかった場合の最終手段として、確認しておきましょう。

参考:家電リサイクル法|経済産業省 

参考:小型家電リサイクル法|環境省 

まとめ

家電は出張買取を利用して、買取をすることをおすすめしました。

製造年数が10年以内であれば、買取をしてくれる可能性が高いです。

少しでも買取額を上げるためにも、5つのポイントを押さえておきましょう。

ブランド買取とらのこでは、製造年数に関わらず家電の買取を行っています。

ご自身で古いから売れないと決めつけずに、まずは是非ご相談ください。

電話やメールだけでなく、LINEでも気軽に査定ができますよ。

家電の買取なら、とらのこ

とらのこでは、家電を高価買取いたしております。