ピアノは出張買取がおすすめ!1円でもピアノを高く売る6つの秘訣

自宅で眠っているピアノがありませんか。

使わないピアノだけど、処分費用はかけたくないですよね。

そんな場合は、出張買取を利用してピアノを売りましょう。

おすすめの出張買取業者を5社ご紹介します。

せっかく売る思い出のあるピアノです。

少しでも高く売るコツや、注意点も併せてご紹介します。

1:【ピアノは出張買取】おすすめの買取業者5選

ピアノって、どうやって売ればいいの?

ピアノの買取は、出張買取を利用することをおすすめします。

大きくて重たいピアノを、店舗にわざわざ持って行ってくのは大変ですよね。

ピアノを出張買取している、おすすめの買取業者を5社紹介します。

  • ブランド買取とらのこ
  • タケモトピアノ
  • グランドギャラリー
  • ピアノの買取屋さん
  • ピアノパワーセンター

1つずつ比較しながら、ご自身に合う買取業者を探してみてくださいね。

1-1:ブランド買取とらのこ

ピアノ ブランド買取とらのこ

1つ目の出張買取業者は、ブランド買取とらのこです。

ブランド買取とらのこは、出張買取に特化した買取業者になります。

「不用品の量が多い」「自宅から出られない」など、あらゆる場面に対応しているのです。

査定料や出張料はもちろん、キャンセル料も無料な買取業者になります。

ブランド買取とらのこでは、ベテランの査定士によるスタッフ教育が行われているのです。

査定力だけでなく、接客力向上のため日々社内テストを実施しています。

実際に、ブランド買取とらのこを利用した方の満足度も高い買取業者です。

ピアノだけでなく、その他の不用品も買取してくれて便利ですよ。

1-2:タケモトピアノ

ピアノ タケモトピアノ

2つ目の出張買取業者は、タケモトピアノです。

タケモトピアノは、日本全国でピアノの買取台数1位と実績のあるピアノ買取業者になります。

タケモトピアノは、ピアノを国内で再販売するだけでなく海外販売もしているのです。

ピアノの修理や海外出荷を自社完結しています。

無駄なコストを抑えお客様の買取額に還元しているのです。

傷の入った古いピアノも、独自の修理技術で新品同様に戻らせることができます。

思い入れのある古いピアノが、新しくなり世界中の子供たちに届き再び使用されるのです。

1-3:グランドギャラリー

ピアノ グランドギャラリー

3つ目の出張買取業者は、グランドギャラリーです。

グランドギャラリーは、Googleでお客様口コミの平均が4.8と評価の高い買取業者になります。

独自の全国物流ネットワークを利用し、47全ての都道府県での買取実績があるのです。

都心部に引っ越しして、実家に残った使わないピアノの買取も行ってくれます。

年間買取台数が、2万件を超える実績のあるピアノ買取業者です。

1-4:ピアノの買取屋さん

ピアノ ピアノの買取屋さん

4つ目の出張買取業者は、ピアノの屋さんです。

ピアノの買取屋さんは、楽器の買取業務に特化した株式会社GRACEが運営しています。

汚れや傷が激しいピアノや、聞いたこともないメーカーやブランドのピアノの買取も可能です。

お得なキャンペーンを実施しており、現在(2021年12月24日)であればヤマハ・カワイ製品のピアノであれば買取額が20%UPでの買取になります。

また依頼して最短30分での出張買取が可能な、スピーディーな対応も人気の理由です。

1-5:ピアノパワーセンター

ピアノ ピアノパワーセンター

5つ目の出張買取業者は、ピアノパワーセンターです。

ピアノパワーセンターは、ピアノの買取を続けて40年と実績のある買取業者になります。

ピアノパワーセンターは、高価買取を実現している買取業者です。

買取したピアノの大半は、国外へ輸出されます。

高価買取に繋がる理由は、市場価値の徹底調査修理等の自社設備が整っているからです。

計5つのピアノの出張買取を行っている、買取業者をご紹介しました。

思い入れのあるピアノ、少しでも高く売れると嬉しいですよね。

高く売るための6つのコツを、解説していきましょう。

2:ピアノを1円でも高く売る!6つの秘訣

ピアノを高く売りたい!

ピアノをせっかく売るなら、1円でも高く売りたいですよね。

実はピアノの査定額を上げるコツが6つあります。

  • 少しでも早く売る
  • 付属品を揃える
  • 相場価格を把握しておく
  • 掃除をして売る
  • 相見積もりをとる
  • 無理な調律はしない

1つずつ、詳しく説明していきます。

2-1:少しでも早く売る

コツ 早く売る1つ目のコツは、少しでも早く売ることです。

ピアノは、寿命がある楽器として考えられます。

時間が経てば経つほど、音が出にくくなったり、不具合が出たりと修繕が必要です。

また、電子ピアノは常に新しい型番のピアノが出ています。

最新の電子ピアノだと、楽譜をダウンロードする機能がついた電子ピアノもあるのです。

最新のものに比べて、古い電子ピアノだと中々高値が付きにくくなります。

不要だと思ったら、いち早く買取業者に依頼するようにしましょう。

2-2:付属品を揃える

コツ 付属品2つ目のコツは、付属品を揃えることです。

保証書や説明書が、購入した当初付いてきませんでしたか。

説明書の他にも、補助ペダルやピアノ椅子がある場合は一緒に売るようにしましょう。

付属品がある場合とない場合では、査定額に数千円~数万円の差が出ることもあるのです。

2-3:相場価格を把握しておく

コツ 相場を調べる3つ目のコツは、相場価格を知っておくことです。

ピアノの相場価格は、インターネット上で確認することができます。

例えばカワイのピアノのBL-51の型番だとネット上の相場は、15万円~20万円です。

相場価格を知ることで、買取業者側の不正を防ぐことができます。

買取を行う前に、ピアノの型番をネット上で調べて市場相場を調べておきましょう。

2-4:掃除をして売る

コツ 掃除4つ目のコツは、掃除をして売ることです。

年季の入ったピアノだと、ほこりや汚れが付いていませんか。

古いピアノの場合でも、査定士に「きれいに保管していたんだな」と思わせることが重要です。

柔らかい素材の布巾などで、優しく汚れを取っておきましょう。

ここでの注意点は、無理に汚れを落とそうとしないことです。

無理に汚れを落とそうとして、新たな傷を作ってしまえば査定額は下がります。

2-5:相見積もりをとる

コツ 相見積もり5つ目のコツは、相見積もりをとることです。

相見積もりとは、見積査定を数社へ依頼することになります。

最初から1社に絞って買取を進めてしまうと、果たして買取額が高いのか安いのか分かりません。

時間はかかってしまいますが、必ず相見積もりをとるようにしましょう。

相見積もりをとることで、1番高い見積を出す買取業者と、買取業者の対応を確認することができるのです。

2-6:無理な調律はしない

コツ 無理しない6つ目のコツは、無理な調律はしないことです。

ピアノはとても繊細な楽器で、調律は決して簡単ではありません。

無理に調律をすると、査定額に響く可能性もあるのです。

自社修理を行っている買取業者が多いので、無理な調律を行うのは避けましょう。

ピアノを出張買取に依頼する際の、注意点を確認しておきましょう。

3:ピアノの買取してもらう際の5つの注意点

ピアノを売る際、気を付けておくべきことってある?

ピアノは出張買取で買取を行うことが、便利とご紹介しました。

しかし、買取を進めていく際に注意点が5つあります。

  • 特殊搬出料に気を付ける
  • 電子ピアノのみの買取に気を付ける
  • ピアノの正確な情報を伝えておく
  • 古物商の許可を得ているか確認
  • 出張買取対応地域か確認する

上記5つの注意点を、買取業者に確認しましょう。

3-1:特殊搬出料に気を付ける

特殊 搬出1つ目の注意点は、特殊搬出料に気を付けることです。

エレベーターの無い、階段のみの場合だと追加で特殊搬出料がかかる可能性があります。

その他にも、一軒家の場合で2階以上にピアノがある場合は、引き上げ作業になるのです。

重くて大きい1人では運べないピアノだからこそ、特殊搬出料がかからないか事前に買取業者に確認をとっておきましょう。

3-2:電子ピアノのみの買取に気を付ける

電子ピアノ2つ目の注意点は、電子ピアノのみの買取に気を付けることです。

買取業者の中には、電子ピアノのみの買取を行っている業者があります。

ピアノの買取を希望の場合には、買取業者がピアノの買取を行っているか確認を取りましょう。

今回ご紹介した買取業者5社は、ピアノの買取も行っている業者です。

3-3:ピアノの正確な情報を伝えておく

ピアノ 情報3つ目の注意点は、ピアノの正確な情報を伝えておくことです。

メーカー/ブランド、機種名、製造番号、ペダル数を伝えます。

上記の画像のように確認ができるので、依頼をする際にはピアノの情報を伝えましょう。

3-4:古物商の許可を得ているか確認

古物許可4つ目の注意点は、古物商の許可を得ているか確認を取ることです。

古物商の許可とは、中古品を買取・売却する際に必要な許可になります。

こちらの許可証を取らずに営業をしている業者は、違法です。

買取業者が古物商の許可を得ているか、必ず確認を取るようにしましょう。

3-5:出張買取対応地域か確認する

対応 地域5つ目の注意点は、出張買取対応地域か確認することです。

買取をする際、お住いの地域が出張買取対応可能か確認をしましょう。

地方に住んでいる場合だと、買取対応をしていない可能性があります。

買取をしてくれても、遠方出張料として別料金がかかる可能性もあるのです。

まとめ

ピアノは出張買取を利用して、買取をすることがおすすめです。

ピアノを買取する際には、1円でも高く売るために6つのコツを試してみましょう。

査定額が、大きく変わる可能性があります。

またピアノの買取の際には、特殊搬出料など注意点には気を付けましょう。

ブランド買取とらのこでは、ピアノを高価買取中です。

ピアノの売却をご検討中であれば、ぜひご相談ください。

ピアノの買取なら、とらのこ

とらのこでは、ピアノを高価買取いたしております。